「日産リーフ」にリムジンが登場!?【Movie】

2012.07.18 自動車ニュース

【Movie】「日産リーフ」のリムジンが登場!?

日産の電気自動車「リーフ」にリムジン仕様が登場? これはアメリカのホテルが客の送迎用として専門業者に特注したもの。試乗した人の話によれば、エンジン音がしない電気自動車は、リムジンのベースにぴったりだそうだ。

■「これはまさにリムジンよ」

このリムジン仕様の「日産リーフ」を所有しているのは、テネシー州ナッシュビルにあるエンバシー・スイーツ・ホテル。通常、同ホテルの車は送迎用途で8km以下しか走らない。また、ホテル側の“グリーン化”を進める経営方針もあり、前例のない電気自動車リムジンの導入を決めたという。

車両の改造はミズーリ州の専門業者が行った。乗車定員は運転手を含めて8人。ボディーのストレッチによって標準型より約180kg重くなったが、走行用バッテリーは標準型リーフと同様に1セットだけ搭載するなど、本質的な構造部分は変えていない。

この「リーフ・リムジン」に初乗車したお客さんは、電気自動車そのものが初体験という女性。「とてもスムーズだわ。エンジン音が聞こえないけど、だからといってゴルフカートに乗っているようでもない。これはまさにリムジンよ」とのこと。

(webCG 竹下)


電気自動車「日産リーフ」のリムジンが米テネシー州に登場

ホテルの送迎用として登場した「日産リーフ」のリムジン仕様。
ホテルの送迎用として登場した「日産リーフ」のリムジン仕様。 拡大
最初に乗車したクリスタル・セラーノさんによれば、「まさにリムジン」な乗り心地とか。
最初に乗車したクリスタル・セラーノさんによれば、「まさにリムジン」な乗り心地とか。 拡大
「リーフ」の基本構造は変えておらず、バッテリーは標準車と同じように1セットしか搭載していない。
「リーフ」の基本構造は変えておらず、バッテリーは標準車と同じように1セットしか搭載していない。 拡大

関連キーワード:
リーフ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(FR/8AT)【試乗記】 2018.5.3 試乗記 プレミアムブランドとしての復権をもくろむアルファ・ロメオが、満を持して投入したDセグメントのスポーツセダン「ジュリア」。新たに設定された280psのFRモデルに試乗し、新世代アルファの課題を浮き彫りにする。
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
ホームへ戻る