スズキ、「エブリィワゴン」を一部改良

1999.11.29 自動車ニュース
 
 
991129_050.gif

スズキ、「エブリィワゴン」を一部改良(11/29)

スズキは、軽自動車「エブリィワゴン」を一部改良し、11月25日より発売した。

「エブリィワゴン」の改良は、エンジン、トランスミッション、駆動と内装に行われた。エンジンにおいては最高出力が64馬力にアップ。またエンジンを車体に固定している「エンジンマウント」の位置と素材が変更され、振動、騒音を低減しているという。トランスミッションにおいては、従来の3段オートマチックを4段に変更。静粛性、快適性、燃費を向上させた。またパートタイム4WDがフルタイムになっている。

内装での変更点は、リアシートに足元が広々と使えるシートスライド機構を採用。加えて、インサイドドアハンドル、パーキングブレーキレバーノブ、ATセレクターボタンをメッキタイプに変更、リアドアにパワーウィンドウを設定などが行われた。

「エブリィワゴン」、価格は「ジョイポップターボ 2WD/5MT車」の112.0万円からとなる。

スズキ「エブリィワゴン」サイト:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/every_w/frame.htm

このプレスリリースに、軽トラック「キャリィ」のリリースが同封されていました。そのカタログの裏には、黒い線で書かれた「キャリィ」の塗り絵があり、「カラーリングなどにご利用ください」というメッセージが添えられていました。商用車の世界も奥が深そうです。(Web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エブリイワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る