三菱、「ディンゴ」に4WDを設定

1999.12.02 自動車ニュース
 
 
991202_003.gif

三菱、「ディンゴ」に4WDを設定(12/2)

三菱自動車は「ミラージュディンゴ」の仕様を一部改良し、12月10日から発売する。4WD+ナビの付いた特装車「ナビディンゴ」も同日発売する。

今回のマイナーチェンジにおける変更点は、フルタイム4WD車の追加設定と内外装の改良にある。外装では、フロントグリルとバンパーが新意匠になったのに加えて、14インチアルミホイールが「Mスタイル」に追加されている。内装では、インストルメンタルパネルをグレーに、木目調パネルをブラウンとし、「より落ち着いた高級感あるもの」(広報資料)になったという。

機能面では、「Bスタイル」を除く全車でリアパワーウィンドウを採用したほか、「Mスタイル」にフルオートエアコンが備わるようになった。価格は、2WD車は据え置きとして「Bスタイル」の137.8万円から、4WD車は「Bスタイル」の155.8万円からとなる。

同時に発売される「ナビディンゴ」には、ナビゲーション機能やオーディオ、エアコンの情報を提示する「三菱マルチコミュニケーションシステム(MMCS)」が装着されるほか、プライバシー&UVカットガラス、アルミホイールが備わる。外板色はフレーリーパールだ。価格は2WD車が159.8万円、4WD車が177.8万円となる。

三菱自動車「ミラージュディンゴ」サイト:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/DINGO/

このクルマ、フロントライトの垂れ具合が、昔なつかし「田舎っぺ大将」の大ちゃんの涙を思い出させてくれます。GDIは良いんですが、やはり三菱車のスタイルは今ひとつ(否、ふたつ)ですね。(Web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラージュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • ダイハツ・トールG“SA II”/トヨタ・ルーミー カスタムG-T【試乗記】 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。
ホームへ戻る