「ボイジャー」に、フルタイム4WD仕様追加

1999.12.02 自動車ニュース
 
 
991202_004.gif

「ボイジャー」に、フルタイム4WD仕様追加(12/2)

ダイムラークライスラー日本は、「ボイジャー」の4駆版を12月10日より発売する。

1983年にアメリカで発売されたボイジャーは、世界に「ミニバン」のカテゴリーを築き上げた元祖ミニバンである。世界で800万台を超える売り上げを達成し、北米ミニバン市場における占有率も40%に及ぶという。

さて、2000年モデルとして発売されることになった「ボイジャーAWD(常時4輪駆動)」のエンジンは、3.8リッターV6となる。従来の3.3リッター・エンジンに比べ、ボアが3mm、ストロークが6mm拡大されたこのユニットは、最高出力170ps/4300rpm、最大トルク33.3kgm/3100rpmを発生する。

4輪駆動システムは、通常の走行条件下では前輪駆動の特性が優位を占めているが、前輪が滑り始めると、そのスリップ量に応じて、ビスカス・カプリングを介して後輪にもトルクが伝達されるというもの。

従来型に対し、手が加えられたのはブレーキ。前後ともディスクとなり、大型化されたローターと強化されたキャリパーでもって、制動力の向上が図られている。また、タイヤサイズも16インチにアップされた。

価格は、ボイジャーLE AWD3.8が375.0万円、グランドボイジャーLX AWD3.8が424.0万円となる。

「ボイジャー」の良さは、国産ミニバンにない余裕の居住空間だと思います。私事で恐縮ですが、自宅の狭いマンションよりもホッとする空間がそこにはあるんですね。私は「ボイジャー」に乗ると、必ず「荷物を積んで、どこか遠くへ行きたい」という気持ちになるのですが、それはこのクルマの持っている開放感のせいだと思います。国産ミニバンは、そういう気持ちにならないんだなあ。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・グランドボイジャー リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2008.6.24 試乗記 クライスラー・グランドボイジャー リミテッド(FF/6AT)
    ……546.0万円

    2007年の東京モーターショーで日本初披露された「クライスラー・グランドボイジャー」。7年ぶりにフルモデルチェンジを果たした、アメリカ生まれの3列シート7人乗りミニバンを試す。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • クライスラー・ボイジャー&グランドボイジャー(4AT)【試乗記】 2001.5.31 試乗記 クライスラー・ボイジャー&グランドボイジャー(4AT)
    ……356.0から422.0万円

    1983年の登場以来、全世界74カ国で873万台余を販売したクライスラーの元祖ミニバン、ボイジャー。2001年モデルから第4世代に移行し、日本でも6月1日から販売が開始される。クライスラー顔になった最新モデルに、webCG記者が試乗した。


  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る