マツダ、「MPV」に4WDを追加

1999.12.06 自動車ニュース
 
 
991206_008.gif

マツダ、「MPV」に4WDを追加(12/6)

マツダは、ミニバン「MPV」に4WDモデルを追加、2000年1月20日より発売する。

今回追加となった4WD車は、FFモデル同様の4グレード。ただし、エンジンはすべて2.5リッターV6となる。

4WDシステムには、電磁ロック機構付きロータリーブレードカップリング式が採用された。この4WDシステムは、通常の乾いた舗装路などにおいては駆動力のほとんどを前輪に伝達するが、前輪がスリップして前後輪に回転差が生じた場合、リアデフ内のロータリーブレードカップリングが、後輪にも自動的に駆動力を配分するというもの。これにより、雪道などの滑りやすい路面での走行安定性はもちろん、コーナリング時の操縦安定性が高められた。

また、インパネのスイッチ操作により、電磁ロック機構を作動させて瞬時に駆動力配分を前輪50:後輪50の直結4WDに固定することができる。これにより、圧雪路などの極めて滑りやすい路面での安定した走行を実現するとともに、ぬかるみなどでスリップした際の脱出を容易にした。

さらに、この4WDシステムは軽量、コンパクトなため、FFモデルと同じ最低地上高による良好な乗降性を実現したという。

価格は、標準車が240.3万円、Gパッケージが251.7万円、スポーツパッケージが268.8万円、Lパッケージが283.6万円となる。

マツダ「MPV」サイト:
http://www.mpv.mazda.co.jp/

MPVは、2列目シートが横スライドしてキャプテンとベンチ両方のシートアレンジを楽しめたり、3列目シートが取り外しの必要なく床下に格納されるなど、使い勝手がよく考えられているところが魅力です。マツダのブランド戦略の中身である1:個性的なデザイン、2:優れたハンドリング性能、3:抜群の機能性という3つのキーワードは、消費者にとってもわかりやすく具現化されていて、最近のマツダ車は、なかなか見所があると私は思います。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダMPV 23T(FF/6AT)【試乗記】 2006.3.20 試乗記 マツダMPV 23T(FF/6AT)
    ……389万2000円

    V6の印象が強かったマツダのミニバン「MPV」だが、今回は4気筒のみのエンジンラインナップである。高性能版には、直噴ターボが用意された。ドライビングの楽しさと快適な乗り味を両立させた、と謳っている。


  • マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)【試乗記】 2006.3.2 試乗記 マツダMPV 23C(FF/4AT)/23Cスポーティパッケージ(FF/4AT)
    ……344万6500円/368万8000円

    マルチパーパスヴィークル(MPV)をそのまま車名にした、このセグメントの草分け的存在の「マツダMPV」がフルモデルチェンジ。スポーティなミニバンという差別化を図った新型だが、リポーターは意外なところに注目することになった。


  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートル R-Line (FF/7AT)【レビュー】 2016.11.9 試乗記 フォルクスワーゲンのブランドアイコンモデル「ザ・ビートル」に新グレードの「ザ・ビートル R-Line」が追加された。限定車以外では始めて、ブルーモーションテクノロジーを採用した1.4リッターTSIエンジンを搭載し、燃費も上々。では、一番“おいしい”ポイントは? 他グレードとの比較を試みた。
ホームへ戻る