中野信治、2000年よりCARTシリーズへ参戦

1999.12.06 自動車ニュース
991206_007.gif

中野信治、2000年よりCARTシリーズへ参戦(12/6)

元F1ドライバーの中野信治は、2000年より米CARTシリーズに参戦を開始する。

アメリカ・ホンダが明らかにしたところによると、中野は米インディアナ州に本拠を置くウォーカーレーシングチームと契約、2000年のCART FedExチャンピオンシップシリーズに参戦する。マシンは、英国レイナード製シャシーにホンダエンジンを搭載、ファイアストンタイヤを装着する。

チームオーナーのデリック・ウォーカーは、「2年間のF1経験で、信治はロードコースとハイパワーカーには充分な経験を積んでいるはずだ」とした上で、「我々の最優先事項は、信治がチャンプカーとオーバルコースでのレースに、一日でも早く慣れるように手助けしてやることになるだろう」と、中野をサポートすることを約束した。

中野信治は1971年生まれの28歳。レーシングカートで成績をあげ、1991年から全日本F3選手権、全日本F3000選手権(現在のフォーミュラニッポン)に参戦を開始。1997年、プロストGPチームからF1デビューし、同年6位2回(カナダ/ハンガリー)で2ポイントを獲得。翌年はミナルディチームに移籍したがノーポイント。1999年はジョーダンF1チームのテストドライバーをつとめていた。

非力なマシンで悪戦苦闘していたF1ミナルディチーム時代も、クサることなく地道に走った中野選手。レースへのコミットメント・姿勢は評価に値するものだと思います。ただ、「強いヤツはイヤなヤツ」というF1界にあって、彼のキャラはシャイで地味過ぎたかもしれません。アメリカのフレンドリーな空気の中で、彼らしい走りを見せて欲しいものです。(Web CG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。