「フェラーリ550マラネロ」がマイナーチェンジされる模様

1999.12.09 自動車ニュース
991209_014.gif

「フェラーリ550マラネロ」がマイナーチェンジされる模様(12/9)

「550マラネロ」がマイナーチェンジされるらしい。

欧州の新しい排ガス規制に対応するためフェラーリは「550マラネロ」のキャタライザーおよび排気システムを変更、同時にロングホイールベース化されるという。

また、「360モデナ」同様、F1におけるテクノロジーを駆使したエアロダイナミクスが採用されるという。それは、アンダーボディのフラット化により乱気流を抑え、ダウンフォースを増強するというもの。

さらに、「550マラネロ」にもF1ギアボックスが採用される。ここにも、F1で開発されたコンピューター技術が導入され、その処理速度は「360モデナ」の3倍になったという。

装備面では、ステアリングホイールのスイッチでエアコンなどの調整ができるマルチタスク・ステアリングホイールが採用されていることも新しい。また、20秒でドライバーの体型に合わせ理想的なドライビングポジションを作り出す「インテリジェントシート」も新たに加えられた。この「インテリジェントシート」は、コンフォート、スポーツ、スーパースポーツの3つのバージョンを任意に選べるという。(なお、写真は現行モデルのもの)

NAVI1999年7月号には、マラネロで「360モデナ」に乗った鈴木亜久里さんのインプレッションが掲載されています。そこには、「360モデナ」のF1ギアボックスにおけるダウン・シフト時の“自動中吹かし”の反応が遅いので、じぶんでヒール&トウをやっている亜久里さんのことが書かれていましたが、新しいF1ギアボックスは処理速度が3倍とのことですから、亜久里さんをして「これは速いね」と言わしめるものになっているはずです。(Web CGあらい)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。