鈴木亜久里、「アウディTT」「ポルシェボクスターS」に乗る

1999.12.15 自動車ニュース
 
 
991215_025.gif

鈴木亜久里、「アウディTT」「ポルシェボクスターS」に乗る(12/15)

NAVI 2月号の「鈴木亜久里の全部書いてね」では、「アウディTT」と「ポルシェボクスターS」を取り上げます。

911を4台乗り継いだほどのポルシェ好きである鈴木亜久里だが、ボクスターにはあまりいい印象を抱いていなかった。思い起こせば、「鈴木亜久里の全部書いてね」の第1回でメルセデスベンツSLKと比較したのが、当時出たばかりのボクスターだったのだ。

「エンジンは間違いなくボクスターの方がいい。レスポンスが鋭くて、吹け上がりも吹け落ちも速い。でも、シャシーがよじれて、タイヤがちゃんと接地していない感じなんだ。だから、SLKのシャシーにボクスターのエンジンが載ったら理想的なんだけど」

それに、亜久里がボクスターにピンと来ない理由には、モーターショーで発表されたコンセプトカーよりもボディサイズが大きくなってしまったということがあった。

「昔の550スパイダーのような、小型でキビキビ動くスポーツカーを期待していたんだけどね」

そんな亜久里に、エンジンを3.2リッターに拡大して、足回りを拡大したボクスターSを試乗してもらった。比較するのは、こちらも人気沸騰中のアウディTTクーペ。

「すっごく重厚で洗練されたクルマになっちゃったじゃない! これじゃSLKのライバルじゃなくって、もうSLがライバルだね」

ボクスターSは、エンジン排気量アップに伴って、トルクが太くなったから、乗りやすく、速い。その副産物で、静かでしっかりした乗り心地にもなった。だから、高速道路は、ちょっと退屈だ。

「こういうところだと本領発揮だね。Gが掛かるようなコーナリングが実にスムーズで気持ちいい」

こういうところというのは、箱根ターンパイクのことである。キツく傾斜しながら、大小さまざまなコーナーが連続する自動車専用道だ。

「TTも、このカタチが好きな人にはすすめられる、いいクルマ。1.8リッターターボとは思えない力があるし、乗り心地もいい。だいいち、インテリアがお洒落だよ」

TTクーペの完成度の高さに、亜久里は驚かされていた。

「僕はこれまでアウディには、あまりいい印象を持っていなかったんだけど、認識を改めます。それほど、TTはいいクルマ」

再び、ボクスターSに乗り込み、今度は芦ノ湖スカイラインのワインディングロードを走る。

「こういうコーナーが続くところで乗ると面白い。やっぱりポルシェは深いわ」

果たして、どっちがいいのか。亜久里の判定はいかに。(文=金子浩久)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TTクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTTクーペ 2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】 2015.10.30 試乗記 アウディのコンパクトクーペ&ロードスター「TT」が、フォルクスワーゲングループの「MQB」モジュールを用いた3代目にモデルチェンジ。クーペの4WDモデルに試乗し、ブランドイメージをけん引する本格スポーツカーへの脱皮をもくろむ、新型の実力をはかった。
  • パリモーターショー2016の会場から(その10) 2016.10.4 画像・写真 パリモーターショー2016で、アウディは最高出力400psを誇る「RS 3セダン」をワールドプレミアした。そのほか、「S5/S5スポーツバック」「TTRS」「S1」などのスポーツモデルを一挙に展示した。
  • アウディが「TT」と「TTS」の限定モデルを発売 2016.8.23 自動車ニュース アウディ ジャパンは2016年8月23日、「アウディTT」シリーズに、2種の限定モデルを設定。1.8リッターの「TTクーペ1.8 TFSI 1st edition」と2リッターの「TTSクーペ urban sport limited」を同時に発売した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る