ホンダ、「シビック」「インテグラ」に特装車

1999.12.21 自動車ニュース
 
 
991221_031.gif

ホンダ、「シビック」「インテグラ」に特装車(12/21)

本田技研工業は「シビック」と「インテグラ3ドアクーペ」に、走行性能を重視しながらも豪華な装備を持つ「タイプRヘ」を新設定、12月16日から発売する。

ベースとなったのはハイパワーエンジンの搭載やボディの軽量化などで動力性能を高めたタイプR。今回登場したタイプRヘはタイプRに加えて装備面での充実を図っているのが特徴だ。

両モデルに共通の装備はマニュアルエアコン、CDプレーヤー付きオーディオ、ボディ同色電動格納式ドアミラー、キーレスエントリーシステム、アルミパッドスポーツペダル、専用色カーボン調センターパネルといったところで、インテグラのほうはさらにフロントスピーカーの強化、オートアンテナ、プライバシーガラスの装備もある。

1.6リッターVTECエンジン+5段MTのシビック・タイプRヘが219.8万円、1.8リッターVTECエンジン+5段MTのインテグラ3ドアクーペ・タイプRヘが257.6万円(いずれも東京地区)となる。

タイプRは潔い割り切りのよさで久々に出現した硬派のクルマとして歓迎されたが、それはあくまで評価する側の見方でしかなかったのであろうか。でも実際買う側としてはエアコンは必要だし、パワーウィンドーも不可欠といわれれば、まあ納得できる話ではあるが。(Web CG おざわ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • ホンダ・シビック【開発者インタビュー】 2017.6.2 試乗記 「シビック」が日本に帰ってくる。ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えた新型は、「タイプR」をフラッグシップとし「ハッチバック」にMT車を設定するなど、スポーティーさをウリにしている。“復活”に賭ける開発者たちの意気込みを聞いた。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る