トヨタ、「クラウンエステート」発売

1999.12.22 自動車ニュース
 
 
991222_034.gif

トヨタ、「クラウンエステート」発売(12/22)

トヨタ自動車は、現行クラウンのステーションワゴン「クラウン・エステート」を発売した。

新型は旧型からのキャリーオーバーを行わず、現行型をベースにワゴンを成立、ロイヤル/アスリートの車種体系も現行セダンから受け継いでいる。

ロイヤル/アスリート系のボディを基本とすることで、ボディサイズは先代より25mm短く、40mm低くなるいっぽう、40mm広くなった。2730mmから50mm延びて2780mmとなったホイールベースは、もちろん現行セダンと同じ。

パワーユニットも一新され、3リッター直6、2.5リッター直6、そしてアスリート用の2.5リッター直6ターボの3本立てとなる。

セダン同様、予防安全では車両安定性制御システムVSCを設定するとともに、EBD/ABS/ブレーキアシストを全グレードに標準装備、衝突安全では、進化させたGOAボディとし、SRSカーテンシールドエアバッグを採用するなど、最新の安全技術を結集している。

また、ステーションワゴンとしては世界で初めてリヤシートに電動リクライニング機構を採用したほか、ラゲージルームパーティションネットやラゲージルームエアピュリファイヤーを設定するなど、快適性、機能性に優れた室内空間を創出している。

価格は348〜391万円。

これだけイロイロな最新装備がついているのに400万円以下。安い!! というのが正直な感想です。で、写真で見る限りですが、なかなかカッコイイじゃありませんか。いつかは、というよりは、クラウンはすぐそこにいます。メルセデス・ベンツE320は760万円なんですから。(Web CGあらい)

 
 

関連キーワード:
クラウン エステートトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)/ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.20 試乗記 フィアットが50億ユーロを投資して復活させたアルファ・ロメオ。その第1弾である「ジュリア」の走りには、われわれがアルファと聞いて想像するものが確かにあった。これは実に見事な復活劇だ! 4WDの「ヴェローチェ」と、FRの「スーパー」に試乗した。
  • トヨタ・サクシード1.5TX Gパッケージ(4AT)【ブリーフテスト】 2002.8.6 試乗記
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記