スズキ「エブリイ」天然ガス(CNG)自動車発売

1999.12.22 自動車ニュース
 
 
991222_033.gif

スズキ「エブリイ」天然ガス(CNG)自動車発売(12/22)

スズキは、圧縮天然ガスを使用する「エブリイ天然ガス自動車」を発売した。

天然ガス自動車は、ガソリンや軽油などを燃料とする車と比較し、地球温暖化の原因となるCO2(二酸化炭素)の排出量が少なく、また大気汚染の原因となるNOx(窒素酸化物)、CO(一酸化炭素)、HC(炭化水素)の排出量が少ないクリーンな車として注目されている。

スズキは、今年6月に軽乗用車初のCNG車「ワゴンR天然ガス自動車」を発売しており、今回の軽キャブバン(商用車)「エブリイ」にCNG車が設定されたことで、軽の乗用、商用の2タイプがsぷろうことになった。

「エブリイ天然ガス自動車」は、燃料ボンベ3本をコンパクトに搭載することで、エブリイのガソリン車とほぼ同等の広い荷室スペースと、一充填当たり330kmの航続距離を確保し、商用車としての使い勝手が高められている。

なお、低公害車の自動車取得税軽減措置の適用を受け、取得税率はベース車の3%から、0.3%に軽減される。

価格は2WDが195万円、4WDが207万円。

天然ガスを供給してくれるガソリン・スタンドは、まだまだ不足しています。新技術もインフラが整わなければ絵に描いたモチ。年末で道路工事渋滞にハマることが多い今日この頃、税金の使い道には、私たちも関心をもつようにしたいものです。(WebCGあらい)

 
 

関連キーワード:
エブリイワゴンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スペーシア/スペーシア カスタム 2017.12.14 画像・写真 スズキの軽ハイトワゴン「スペーシア/スペーシア カスタム」がフルモデルチェンジ。家族や仲間とワクワク楽しく使えるモデルを目指したという新型の姿を写真で紹介する。
  • “楽しさ”を追求した新型「スズキ・スペーシア」発売 2017.12.14 自動車ニュース スズキは2017年12月14日、軽乗用車「スペーシア/スペーシア カスタム」をフルモデルチェンジし、販売を開始した。両側スライドドアを備えた使い勝手に優れる軽ハイトワゴンという魅力はそのままに、家族や仲間とワクワク楽しく使えるモデルを目指したという。
  • スズキ・スペーシア カスタムTS(FF/CVT)【試乗記】 2013.7.4 試乗記 軽ハイトワゴン「スペーシア」の派生車種「スペーシア カスタム」は、クールな外観やインテリアだけでなく、走りにもこだわりがあった。
  • スズキ(その3) 2017.10.27 画像・写真 スズキが、第45回東京モーターショーで、軽トールワゴンのコンセプトモデル「スペーシア コンセプト」「スペーシア カスタム コンセプト」を発表した。スーツケースをモチーフにしたというユニークなその姿を、写真でリポートする。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
ホームへ戻る