第154回:都心でレーシングカーがドライブできる!? 「東京バーチャルサーキット」体験記【Movie】

2012.07.17 エッセイ

第154回:都心でレーシングカーがドライブできる!?「東京バーチャルサーキット」体験記【Movie】

「東京バーチャルサーキット」は2012年2月にオープン。実物と同じ運転体験をリーズナブルに提供することで、モータースポーツに対する「やってみたい」と「やってみる」の距離を近づけるという。
「東京バーチャルサーキット」は2012年2月にオープン。実物と同じ運転体験をリーズナブルに提供することで、モータースポーツに対する「やってみたい」と「やってみる」の距離を近づけるという。
これが、「東京バーチャルサーキット」で使われる“マシン”。レッドブルのF1カー(2008年型のRB4)をかたどったもので、もちろんエンジンは無い。フロントタイヤは映像として画面に映し出される。
これが、「東京バーチャルサーキット」で使われる“マシン”。レッドブルのF1カー(2008年型のRB4)をかたどったもので、もちろんエンジンは無い。フロントタイヤは映像として画面に映し出される。
ステアリングホイール。実際のレーシングカーと同等の操作感が得られるため、レーシンググローブの着用は必須。レーシングシューズの使用も推奨される。
ステアリングホイール。実際のレーシングカーと同等の操作感が得られるため、レーシンググローブの着用は必須。レーシングシューズの使用も推奨される。

世界で5台、プロ御用達のマシン

東京のど真ん中、港区は赤坂にサーキットができた! 本当といえば本当、ウソといえばウソ。なぜならそれは、ドライビングシミュレーターを使った“バーチャルなサーキット”だからである。

バーチャルだからといって、侮ってはいけない。これは世界にまだ5台しかない本格シミュレーターで、TDP(トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム)もトレーニング用として正式に採用。次世代を担う若手ドライバーたちが、レース村から東京・赤坂に通うほどの、実戦的な高性能シミュレーターなのである。

これを導入したのは、株式会社ユークス。格闘系のゲームを中心にソフト開発を行うメーカーとして有名だが、その代表取締役である谷口行規さんは2010年の世界ツーリングカー選手権(WTCC)日本ラウンドで、日本人初のインディペンデントクラス最上位、クラス優勝を飾ったほどのドライバーでもある。いまの本業が生粋のバーチャルワールドであるだけに、その効果や面白さを、いち早く理解することができたのだろう。

さて、僕らにとって、いま一番身近なドライビングシミュレーターといえるのは、やっぱりプレイステーションの『グランツーリスモ』シリーズだろう。
果たして「それとは何が違うの?」と問われれば、答えは「とても似てるけど、まったく違う」となる。

画面は180度の視界をカバーするフルスクリーンタイプで、筐体(きょうたい)はなんと、2008年シーズンのF1マシン、「レッドブル RB4」を模したもの。足元の操作は、クラッチレスの2ペダル式で、結構幅広なブレーキペダル付いていた。小さなカーボン製のステアリングにはシフトアップ/ダウン用のパドルと、レブリミットを知らせるLEDインジケーター。一切のGがかからないところはプレステと同じで、それゆえ、シートのフィッティングやシートベルトによる体の固定は、あまり意識されなかった。

最初に試したのは、F1を目指すヤングドライバーたちの登竜門である「GP2」だ。ちなみにマシン(というか走行モード)は、フォーミュラカーが5種類(新型GP2、旧型GP2、F3、フォーミュラ・ルノー2.0、ワールドシリーズbyルノー)、ツーリングカーが3種類(GT1とGT2のアストン・マーティン、アウディR8 GT3 LMS)が用意されている。

走行前のセッティング風景。エンジン特性やギア比、ステアリングの特性など、細かく調整できる。
走行前のセッティング風景。エンジン特性やギア比、ステアリングの特性など、細かく調整できる。
筐体(きょうたい)の背後には、合計3基のプロジェクターが設置される。筐体越しに、運転席を取り囲むスクリーンにリアルな映像を映し出す。
筐体(きょうたい)の背後には、合計3基のプロジェクターが設置される。筐体越しに、運転席を取り囲むスクリーンにリアルな映像を映し出す。

コースについては、世界70カ所のサーキットのデータがインストールされており、今回は鈴鹿サーキットを選んだ。もし本物のGP2に試乗するのなら絶対鈴鹿は選ばないだろうけれど、そこはバーチャルのよいところ。世界屈指の難コースを思いっきり攻めて、クラッシュしたところでまったく怒られないのだから……これはもう、行くしかないでしょう!


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ