トヨタ、「ラウム」に本皮仕様特装車を設定

1999.12.27 自動車ニュース
 
 
991227_037.gif

トヨタ、「ラウム」に本皮仕様特装車を設定(12/27)

トヨタ自動車は、「ラウム」に特別仕様車「レザーバージョン」を設定、12月16日より発売した。

この特装車は「ラウムセパレート」をベースに、専用本皮シートおよび専用ドアトリム表皮、木目調パネルが追加されている。加えて、4本スポーク合皮巻ステアリングホイール、植毛のピラーガーニッシュ、ファブリック巻のサンバイザーも採用。上質感を謳った内装としている。

さらに外装面においても、バンパー上部/サイドプロテクションモールのカラー化、アウトサイドドアハンドルのボディ同色化、フロントグリル等へのメッキ処理、専用フルホイールキャップが備わっている。「ラウムレザーバージョン」、価格はFF車で169.8万円、4WD車で189.8万円となる。

トヨタ自動車「ラウムレザーバージョン」サイト:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/Updates/RAUM/

レザーシートを与えられた「ラウム」。その肝心のシートに腰掛けると、やや小さいめな感じがします。室内を広く見せるための苦労の証、なのでしょうか。(Web CG 有吉)

 
 

関連キーワード:
ラウムトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
ホームへ戻る