「Web CG」にアクセスして下さる方々へ

2000.01.05 自動車ニュース
000105_002.gif

「Web CG」にアクセスして下さる方々へ(1/5)

皆様、新年のみでなく、新しい千年王国への道が開かれたことを、お喜び申し上げます。昨年中は「Web CG」を支持して下さりましたこと、深くお礼を申し上げます。

ミレニウムを祝うということは、来年から新しい世紀を迎えること以上に重要なことです。なぜなら、事実上、人類史上において新ミレニウムを意図的に迎えると言うことは初めてだからです。

西暦という考えは、6世紀にイタリアの修道僧によって考案され、彼はキリストの生誕年を境にBCとADを分けました。しかし不幸なことに、この時代では、インドで生まれたゼロの概念はヨーロッパに伝わっていず、従って修道僧はBC1年とAD1年の間にゼロ年を入れませんでした。それが今もなお、新世紀の開始は2000年か2001年なのかという論争のもとになっています。

結局グリニッジで開かれた国際地学協会によって、21世紀は2001年からということになりましたが、ミレニウムは2000年から始まります。最初のミレニウム、つまり西暦1000年には、ごく一部の宗教家や研究者を除けば、まだ一般の人は全く暦というものを知らない状態でした。世界的に西暦が一般化したのは、実に19世紀になってからなのです。

従って今年こそ、人類全体が最初に祝うミレニウムとして、英語ではしばしばthe first second milleniumという表現を使っています。

それを考えるなら、人類が初めて体験し、初めて迎える瞬間を、すべての人たちと共有出来る時代に生きているというのは、いかに幸運であることか、ご理解いただけると思います。

こういう素晴らしい年の幕開けという喜びを皆様と共有するとともに、さらなる新しい千年に向けて「Web CG」は、ますます意欲的に展開していきたいと思っております。近々ホームページのフルチェンジも断行し、インターネットでなければ出来ない数々の利点を生かし、より迅速でより正確なだけではなく、より楽しくよりインタラクティブ性に富み、メディアとしての価値をより高めるべく努力する所存です。

これによって、ペーパーメディアのCGやNAVIに加え、それを補完するだけでなく、ある面においては遙かにしのぐ魅力をもつ新メディアとして育て上げていきたいと、これに関わる全員が努力するつもりです。

どうか新しく始まった時代も、「Web CG」を楽しんでいただければ幸いです。

株式会社二玄社 「Web CG」エグゼクティブ・ディレクター 大川 悠

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。