VW「ポロ」の特別限定車発売

2000.01.07 自動車ニュース
 
 
000107_006.gif

VW「ポロ」の特別限定車発売(1/7)

フォルクスワーゲンジャパンは、アルミホイールなどを標準装備した「ポロ」の特別限定車「ポロ・ユング」を1月15日から発売する。

車名となった「Jung(ユング)」とは、英語の「Young」に相当するドイツ語で、今回の特別限定車はその名が示すとおり、外観では足元を6J×14インチアルミホイールで引き締めるとともに、ブルーのスケルトンタイプのキーレスエントリー用リモコン、AM/FM+MDデッキなどを標準装備することで、若いユーザーをターゲットとしたモデルとなる。

価格は3ドアが173万円、5ドアが190万5000円で、両モデル合わせて1000台の限定となる。

特別装備のアイテムの合計金額は14万円相当になるとのこと。「ポロ」2ドアは170万円ですから、173万円の「ポロ・ユング」は、お買い得モデルだとフォルクスワーゲンジャパンは主張する。

派手さはないかわりに「実直」なイメージな外観の「ポロ」。初詣で「交通安全」をお祈りするマジメな(?)若い人にはボディ剛性の高い「ポロ」はいいかもしれません。(Web CGあらい)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン、新型「ポロ」を世界初公開 2017.6.19 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、新型「ポロ」をベルリンで発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも採用される横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を用いることで、最新のテクノロジーを手に入れている。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ポロ 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」の新型を発表した。「ゴルフ」や「パサート」などにも用いられる横置きエンジン用プラットフォーム「MQB」を採用。より洗練されたエクステリアデザインや最新のコネクティビティーも手に入れた、その姿を画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
ホームへ戻る