VW「ポロ」の特別限定車発売

2000.01.07 自動車ニュース
 
 
000107_006.gif

VW「ポロ」の特別限定車発売(1/7)

フォルクスワーゲンジャパンは、アルミホイールなどを標準装備した「ポロ」の特別限定車「ポロ・ユング」を1月15日から発売する。

車名となった「Jung(ユング)」とは、英語の「Young」に相当するドイツ語で、今回の特別限定車はその名が示すとおり、外観では足元を6J×14インチアルミホイールで引き締めるとともに、ブルーのスケルトンタイプのキーレスエントリー用リモコン、AM/FM+MDデッキなどを標準装備することで、若いユーザーをターゲットとしたモデルとなる。

価格は3ドアが173万円、5ドアが190万5000円で、両モデル合わせて1000台の限定となる。

特別装備のアイテムの合計金額は14万円相当になるとのこと。「ポロ」2ドアは170万円ですから、173万円の「ポロ・ユング」は、お買い得モデルだとフォルクスワーゲンジャパンは主張する。

派手さはないかわりに「実直」なイメージな外観の「ポロ」。初詣で「交通安全」をお祈りするマジメな(?)若い人にはボディ剛性の高い「ポロ」はいいかもしれません。(Web CGあらい)

 
 

関連キーワード:
ポロフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(フォルクスワーゲン) 2017.9.15 画像・写真 フランクフルトショーにおけるフォルクスワーゲンの展示ブースより、コンパクトSUVの「T-Roc」や、新型「ポロGTI」、電気自動車のコンセプトモデルである「I.D.CROZZ II」「I.D.BUZZ」などの姿を写真で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • フォルクスワーゲンが新型SUV「T-Roc」を世界初公開 2017.8.24 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年8月23日(現地時間)、新型コンパクトSUV「T-Roc」を世界初公開した。フォルクスワーゲンにとって第4のSUVとなるT-Rocは、「ティグアン」よりもひと回り小さなボディーを持ち、成長著しいコンパクトSUV市場へと投入される。
  • フォルクスワーゲン・クロスポロ(FF/7AT)【試乗記】 2015.1.21 試乗記 「フォルクスワーゲン・ポロ」シリーズの名脇役「クロスポロ」。この“カッコカワいい”スタイリングは理詰めではなく感性でこそ選ぶべき? ベースモデルの改良を受けて大幅なアップデートが施された新型の実力を、都内からのワンデイツーリングでチェックした。
ホームへ戻る