VW「ポロ」の特別限定車発売

2000.01.07 自動車ニュース
 
 
000107_006.gif

VW「ポロ」の特別限定車発売(1/7)

フォルクスワーゲンジャパンは、アルミホイールなどを標準装備した「ポロ」の特別限定車「ポロ・ユング」を1月15日から発売する。

車名となった「Jung(ユング)」とは、英語の「Young」に相当するドイツ語で、今回の特別限定車はその名が示すとおり、外観では足元を6J×14インチアルミホイールで引き締めるとともに、ブルーのスケルトンタイプのキーレスエントリー用リモコン、AM/FM+MDデッキなどを標準装備することで、若いユーザーをターゲットとしたモデルとなる。

価格は3ドアが173万円、5ドアが190万5000円で、両モデル合わせて1000台の限定となる。

特別装備のアイテムの合計金額は14万円相当になるとのこと。「ポロ」2ドアは170万円ですから、173万円の「ポロ・ユング」は、お買い得モデルだとフォルクスワーゲンジャパンは主張する。

派手さはないかわりに「実直」なイメージな外観の「ポロ」。初詣で「交通安全」をお祈りするマジメな(?)若い人にはボディ剛性の高い「ポロ」はいいかもしれません。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIコンフォートライン(FF/7AT)【試乗記】 2014.10.20 試乗記 新エンジンの搭載や安全・快適装備の充実など、内容の濃いマイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ポロ」。その実力を確かめるため、箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・ポロ ブルーモーション(FF/7AT)【試乗記】 2015.11.10 試乗記 JC08モード計測値は23.4km/リッター。「フォルクスワーゲン・ポロ」に、燃費を突き詰めた「ブルーモーション」が登場した。1リッター直3ターボを搭載した、300台限定の“燃費スペシャル”の実力はいかに? ワインディングロードや高速道路での走りも併せて報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る