トヨタ「カルディナ」をマーナーチェンジ

2000.01.12 自動車ニュース
 
 
000112_012.gif

トヨタ「カルディナ」をマーナーチェンジ(1/12)

トヨタ自動車は、「カルディナ」をマイナーチェンジし、1月7日から発売した。

今回のマイナーチェンジでは、外板色に新色4色を含む全6色を設定したほか、フロント、リヤのデザインおよび、シート表皮、室内色を変更し、内外装の一新を図っている。

また、今回はフロントグリル、ヘッドランプ形状、前後バンパー、リヤコンビネーションランプなど、GT系(GT、GT−T)とノーマル系(E、G)で大幅な意匠の差別化を図り、グレードの性格付けを一層明確にし、GT系はよりスポーティ感を、ノーマル系は高級感を高めた内外装にリファインしたという。

加えて、ワイヤレスドアロックリモートコントロールを全車に標準装備したほか、GT系にオートレベリング機構付ディスチャージヘッドランプ(ロービーム)を採用するとともに、DVDボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーション(全車オプション)、ヒーター機能付レインクリアリングドアミラー、および撥水機能付フロントドアガラスを一部グレードに採用するなど、機能・装備についても充実を図っている。

さらに、GTに2WD車を新設定するとともに、GT−Tに装備を厳選することで低価格とした“Sバージョン”を新たに設定し、ラインアップの充実を図っている。

同時に、TECS(メーカー完成特装車)“アクティブスポーツ”は、ベース車同様の改良を施したはか、ダイナミックで流麗なエアロフォルムデザインとした。

価格は171.8万円から276.2万円まで。

新型「セリカ」、「MR-S」と、80点主義から決別したような意欲作を発表するかと思えば、このようなライバル車(レガシイツーリングワゴン)潰しが目的とも思えるクルマも作るのがトヨタ。トヨタのすごいところは、ライバル車をつぶさに研究し、スキなく安く作る点。だから、売れちゃうんだなあ、これが。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・サクシードUL(FF/CVT)/プロボックスGL(FF/CVT)【試乗記】 2014.9.29 試乗記 顧客から高い支持を集めるビジネスバン「プロボックス/サクシード」が、デビューから12年にして初の大幅なマイナーチェンジ。徹底的な利便性の追求と、進化した走りに、トヨタの底力を見た。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
ホームへ戻る