スバル、「フォレスター」を大幅改良

2000.01.21 自動車ニュース
 
 
000121_026.gif

スバル、「フォレスター」を大幅改良(1/21)

富士重工は、スバル「フォレスター」をビッグマイナー・チェンジし、1月13日より発売した。

新型「フォレスター」の改良ポイントは、1:より高性能で洗練された都市型SUVとしてのデザインのリファイン、2:「走りの良さ」の追求と、道を選ばないスポーティでしなやかな走りの熟成、3:環境や安全への配慮、という3本柱となっている。

デザインのリファインは、顔つきに主眼が置かれたようである。フロントグリルとフロントバンパーのデザインを一新するとともに、ヘッドライトをマルチリフレクタータイプとすることで、旧型に比べて力強い顔つきとなっている。

「走りの良さ」の追求に関しては、足回りに手が加えられた。フロントサスペンションは、ジオメトリーの変更を行い、加減速時の車両姿勢の変化を抑制。また、リバウンドスプリング付ストラットを採用し、コーナリング時のロール剛性を高め操縦安定性の向上を図ったという。リアサスペンションは、伸び側ストロークの拡大により接地性を高めるとともに、操縦安定性向上のためにトレッドやネガティブキャンバー角が拡大されている。

環境と安全への配慮に対する変更は、「S/20」「C/20」にリーンバーン・エンジンとブレーキアシストを搭載した点にあるという。価格は182.5万円〜246.0万円。

富士重工業「フォレスター」サイト:
http://202.217.201.209/showroom/forester/index.htm

「マルチスポーツ4WD」というコピーとともに登場した新型「フォレスター」。クルマ自体の動力性能は、まさにスポーティなのですが「スポーツ」を楽しむための道具を積む荷室の狭さが旧型では気になるところでした。新型のカタログでは「荷室容量拡大」とはどこにも書いてないので、そこは残念だったと思います。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る