メルセデスベンツ、「CLKカブリオレ」をマイナーチェンジ

2000.01.24 自動車ニュース
 
 
000124_027.gif

メルセデスベンツ、「CLKカブリオレ」をマイナーチェンジ(1/24)

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツ「CLKカブリオレ」をマイナーチェンジし、1月21日より発売した。

今回のマイナーチェンジでは、ドアシルカバーのボディ同色化、ウインカー内蔵型のドアミラー採用、内装でウッドパネルの材質を変更し、「よりスポーティなもの」としたという。

機能面での改良点は、ティップシフト機構付5段オートマチックトランスミッション、インフォメーション/コミュニケーションシステム、マルチファンクションステアリングを新たに標準装備した。加えて安全面でもエレクトロニックスタビリティプログラムを設定。緊急時の通報システム「E-Call」システムも新たにオプション設定された。

「CLK320カブリオレアバンギャルド」、左ハンドルのみの設定で、価格は780.0万円となる。

改良を受けた「CLKカブリオレ」のポイントは「E-Callシステム」がオプションで設定された点でしょうか。万が一の事故、冷静に対処できる人は少ないはずです。車体に取り付けられたセンサーに強い衝撃が伝わると、車載電話から自動的にE‐Callセンターに連絡が行き、警察などへの手配をしてくれるこのシステム。高級車だけではなく、一般の車両に汎用していただきたいものです。(Web CG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る