スズキ、新型コンパクトカー「スイフト」発売

2000.01.26 自動車ニュース
 
 
000126_031.gif

スズキ、新型コンパクトカー「スイフト」発売(1/26)

スズキは、1.3リッターエンジンを搭載したコンパクトカー「スイフト」を2月9日より発売する。

「Kei」をベースにした5ドアハッチバックの「スイフト」はスズキにとって、ジムニーワイド、エブリイプラス、ワゴンRプラスに続く、第4弾の軽自動車ベースのリッター・カー。今後世界展開する小型車郡の共通プラットフォームと同社が宣言する「ワゴンRプラス」のプラットフォームを採用、ホイールベースは軽自動車と同じながらも、トレッドは前後とも広げられ、全長×全幅×全高=3615×1600×1540mmというボディ・サイズは、軽自動車の枠を超えたものとなる。

カタログによれば、日常での使いやすさを考慮し、運転しやすくコンパクトな全長、全幅とし、乗降性が良く見晴らしのよりシート高と、タワーパーキングへの入庫が可能な全高を両立したとのこと。

内装においては、このクラスのクルマで不満の多いシートを重視。座面クッションの新製法を開発し、長時間座っても疲れにくい大型シートにしたという。

1.3リッターエンジンは、VVT(バリアブル・バルブ・タイミング)と呼ぶ可変バルブタイミイング・システムを採用、88ps/6000rpmの最高出力と、11.6kgm/3400rpmの最大トルクを発生する。排ガスをきめこまかく浄化するデュアルタイプ触媒機構を採用し、2000年排出ガス規制および、2002年の「低排出ガスレベル」にも適応するテスト結果を得たという。

トランスミッションは、3、4速にロックアップ機構をもつ4AT。サスペンションは、前がマクファーソン・ストラット、後ろがトーションビーム。ビスカスカプリングを配した4WDの設定もある。

安全面では軽量衝撃吸収ボディを採用することで、64km/hのオフセットクラッシュ、55km/hの前面、側面衝突の社内テストをクリアしたという。デュアルエアバッグを標準装備するほか、ブレーキは乗員、積載状態に応じて電子制御により前後ブレーキの制動力を最適に配分する「EBD」を備えた、ブレーキアシスト付きABSが備わる。

価格は101.8万円〜145.8万円まで。

スズキ「スイフト」サイト:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/swift/frame.htm

軽自動車ベースのリッターカーといえど、いまや「可変バルブタイミングシステム」、「EBD+ブレーキアシスト+ABS」、「64km/hオフセットクラッシュをクリアするボディ」と、装備に関しては文句あるか! の豪華仕様となりました。しかし、「ヴィッツ」のような新しい提案があるとは思えないし、「プラッツ」のような使い勝手優先の潔さも感じることはできません。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
  • 「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車 2016.11.16 自動車ニュース 「スズキ・イグニス」に特別仕様車「Fリミテッド」が登場。「ハイブリッドMZ」をベースによりSUVテイストを強調する内外装を採用したもので、汚れを拭き取りやすいレザー調表皮のシートや、防汚タイプのラゲッジフロアなども装備している。
ホームへ戻る