スズキ、新型コンパクトカー「スイフト」発売

2000.01.26 自動車ニュース
 
 
000126_031.gif

スズキ、新型コンパクトカー「スイフト」発売(1/26)

スズキは、1.3リッターエンジンを搭載したコンパクトカー「スイフト」を2月9日より発売する。

「Kei」をベースにした5ドアハッチバックの「スイフト」はスズキにとって、ジムニーワイド、エブリイプラス、ワゴンRプラスに続く、第4弾の軽自動車ベースのリッター・カー。今後世界展開する小型車郡の共通プラットフォームと同社が宣言する「ワゴンRプラス」のプラットフォームを採用、ホイールベースは軽自動車と同じながらも、トレッドは前後とも広げられ、全長×全幅×全高=3615×1600×1540mmというボディ・サイズは、軽自動車の枠を超えたものとなる。

カタログによれば、日常での使いやすさを考慮し、運転しやすくコンパクトな全長、全幅とし、乗降性が良く見晴らしのよりシート高と、タワーパーキングへの入庫が可能な全高を両立したとのこと。

内装においては、このクラスのクルマで不満の多いシートを重視。座面クッションの新製法を開発し、長時間座っても疲れにくい大型シートにしたという。

1.3リッターエンジンは、VVT(バリアブル・バルブ・タイミング)と呼ぶ可変バルブタイミイング・システムを採用、88ps/6000rpmの最高出力と、11.6kgm/3400rpmの最大トルクを発生する。排ガスをきめこまかく浄化するデュアルタイプ触媒機構を採用し、2000年排出ガス規制および、2002年の「低排出ガスレベル」にも適応するテスト結果を得たという。

トランスミッションは、3、4速にロックアップ機構をもつ4AT。サスペンションは、前がマクファーソン・ストラット、後ろがトーションビーム。ビスカスカプリングを配した4WDの設定もある。

安全面では軽量衝撃吸収ボディを採用することで、64km/hのオフセットクラッシュ、55km/hの前面、側面衝突の社内テストをクリアしたという。デュアルエアバッグを標準装備するほか、ブレーキは乗員、積載状態に応じて電子制御により前後ブレーキの制動力を最適に配分する「EBD」を備えた、ブレーキアシスト付きABSが備わる。

価格は101.8万円〜145.8万円まで。

スズキ「スイフト」サイト:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/swift/frame.htm

軽自動車ベースのリッターカーといえど、いまや「可変バルブタイミングシステム」、「EBD+ブレーキアシスト+ABS」、「64km/hオフセットクラッシュをクリアするボディ」と、装備に関しては文句あるか! の豪華仕様となりました。しかし、「ヴィッツ」のような新しい提案があるとは思えないし、「プラッツ」のような使い勝手優先の潔さも感じることはできません。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 【ジュネーブショー2017】スバル、クロスオーバーモデルの新型「XV」を世界初公開 2017.1.23 自動車ニュース 富士重工業が、クロスオーバーモデルの新型「スバルXV」を、第87回ジュネーブショーで世界初公開すると発表した。日本での受注開始は3月9日の予定で、スバルでは特設ウェブサイトで順次情報を公開していくとしている。
ホームへ戻る