スズキ、新型コンパクトカー「スイフト」発売

2000.01.26 自動車ニュース
 
 
000126_031.gif

スズキ、新型コンパクトカー「スイフト」発売(1/26)

スズキは、1.3リッターエンジンを搭載したコンパクトカー「スイフト」を2月9日より発売する。

「Kei」をベースにした5ドアハッチバックの「スイフト」はスズキにとって、ジムニーワイド、エブリイプラス、ワゴンRプラスに続く、第4弾の軽自動車ベースのリッター・カー。今後世界展開する小型車郡の共通プラットフォームと同社が宣言する「ワゴンRプラス」のプラットフォームを採用、ホイールベースは軽自動車と同じながらも、トレッドは前後とも広げられ、全長×全幅×全高=3615×1600×1540mmというボディ・サイズは、軽自動車の枠を超えたものとなる。

カタログによれば、日常での使いやすさを考慮し、運転しやすくコンパクトな全長、全幅とし、乗降性が良く見晴らしのよりシート高と、タワーパーキングへの入庫が可能な全高を両立したとのこと。

内装においては、このクラスのクルマで不満の多いシートを重視。座面クッションの新製法を開発し、長時間座っても疲れにくい大型シートにしたという。

1.3リッターエンジンは、VVT(バリアブル・バルブ・タイミング)と呼ぶ可変バルブタイミイング・システムを採用、88ps/6000rpmの最高出力と、11.6kgm/3400rpmの最大トルクを発生する。排ガスをきめこまかく浄化するデュアルタイプ触媒機構を採用し、2000年排出ガス規制および、2002年の「低排出ガスレベル」にも適応するテスト結果を得たという。

トランスミッションは、3、4速にロックアップ機構をもつ4AT。サスペンションは、前がマクファーソン・ストラット、後ろがトーションビーム。ビスカスカプリングを配した4WDの設定もある。

安全面では軽量衝撃吸収ボディを採用することで、64km/hのオフセットクラッシュ、55km/hの前面、側面衝突の社内テストをクリアしたという。デュアルエアバッグを標準装備するほか、ブレーキは乗員、積載状態に応じて電子制御により前後ブレーキの制動力を最適に配分する「EBD」を備えた、ブレーキアシスト付きABSが備わる。

価格は101.8万円〜145.8万円まで。

スズキ「スイフト」サイト:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/swift/frame.htm

軽自動車ベースのリッターカーといえど、いまや「可変バルブタイミングシステム」、「EBD+ブレーキアシスト+ABS」、「64km/hオフセットクラッシュをクリアするボディ」と、装備に関しては文句あるか! の豪華仕様となりました。しかし、「ヴィッツ」のような新しい提案があるとは思えないし、「プラッツ」のような使い勝手優先の潔さも感じることはできません。(Web CGあらい)

 
 
関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スズキ・スイフトRS(FF/5MT)【試乗記】 2012.2.7 試乗記 スズキ・スイフトRS(FF/5MT)
    ……145万4250円

    ノーマルモデルより引き締まった、欧州仕様と同様の足まわりを持つ特別仕様車「スイフトRS」。“欧州並み”は、日本の道でも魅力的に映るのか?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る