三菱「ミラージュ・ディンゴ」に1.3リッター版を追加

2000.01.27 自動車ニュース
 
 
000127_033.gif

三菱「ミラージュ・ディンゴ」に1.3リッター版を追加(1/27)

三菱自動車は、「ミラージュ・ディンゴ」に1.3リッター・エンジンを搭載した廉価モデル「X」を追加、1月20日から発売した。

三菱最小のGDI 1.5リッター・エンジンを搭載するミニミニバンに、「ミラージュ・アスティ」の1.3リッターエンジンを搭載した廉価版が加わった。トランスミッションは1.5リッターモデル同様、「INVECS-II」と呼ばれる学習機能をそなえた4ATとなる。

廉価版ながら、マニュアルエアコン、AM/FMラジオカセット&2スピーカー、キーレスエントリーシステム、電動ドアミラー、フロント&リアパワーウィンドウを標準装備、安全面では、デュアルエアバッグ、ABS、チャイルドシート固定機構付きリア3点シートベルトを備えている。

FFのみの設定で、価格は124.8万円。オーディオをもたない1.5リッターの「Bスタイル」137.8万円よりも13万円安い価格設定で、走りにこだわらない自動車入門層をターゲットにしている。

三菱自動車「ミラージュ・ディンゴ」サイト:
http://showroom.mitsubishi-motors.co.jp/online/source/modinfo.asp?QnModelId=18

いやはや、「ヴィッツ」の影響なのか、リッターカー・クラスへの新車種導入がさかんです。「ディンゴ」のように上からも降りてくるし、「スイフト」のように下から上がってくる。「ミラージュ・ディンゴ1.3X」は「ファンカーゴ」に対抗するためと思われますが、ちょこちょこっと直して戦えるほど、相手はヤワじゃないでしょう。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラージュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • ダイハツ・トールG“SA II”/トヨタ・ルーミー カスタムG-T【試乗記】 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る