日産「マーチボックス」に乗る

2000.01.27 自動車ニュース
 
 
000127_034.gif

日産「マーチボックス」に乗る(1/27)

日産マーチボックス(1.3・+CVT/141.8万円)で東京都内を走った。マーチのリア部分を26cm延ばしてたつくった5ドアワゴンである。

リアハッチを開けると、タイヤハウス後ろの荷室側面に収納ポケットが設けられたほか、奥行きも24cm延長され、数値以上に使い勝手が向上した印象を受ける。

運転席はクッションが厚くてなかなかイイが、ヴィッツのルノー・ライクな(?)座り心地抜群のものと比較すると、ちょっとツラい。ゴワゴワした、太い畝(うね)のついた生地は、ジャケットの毛がひっついて不快。

走りだすと、マーチはデビュー8年が経つが、依然として運転の楽しいクルマだ。ハンドリングが素直。CVTは、かつての「上がったエンジン回転数に、車速が必死に追いかけていく」感が大分薄くなったが、発進時に回転数を高めがちな機構ゆえ、加減速の多い街なかでは、車内はうるさい。「活気がある」ともいえますが。

マーチボックスは、なにより全長×全幅×全高=3980×1585×1450mmの手頃なサイズが いい。日産への車両返却時に、ガスステーションを探すために這いずり回った築地近辺の 狭い路地裏でも難儀しなかった。

スタイルは「利発なお嬢様風」から、モサッとやぼったいものになったが、花よりダンゴ、実利重視のオバサン仕様である(褒めてます)。ただ、ヴィッツ3兄弟に対抗するには、登場が遅すぎ、車型も中途半端だ。(NAVI編集部アオキ)

 
 

関連キーワード:
マーチ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.9.15 試乗記 オーテックジャパンの創立30周年を記念した、30台の限定モデル「マーチ ボレロA30」に試乗。オーテックの匠(たくみ)が手がけた“手作りの自動車”の出来栄えやいかに? 専用チューニングの足まわりとエンジンが織り成す走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • トヨタ・アルファード ハイブリッド/ヴェルファイア【試乗記】 2018.2.6 試乗記 マイナーチェンジが施された、トヨタの高級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」に試乗。デザインのみならず、エンジンやシャシーにまで手が加えられたその仕上がりは、圧倒的な商品力のさらなる強化を実感させるものだった。
ホームへ戻る