日産「マーチボックス」に乗る

2000.01.27 自動車ニュース
 
 
000127_034.gif

日産「マーチボックス」に乗る(1/27)

日産マーチボックス(1.3・+CVT/141.8万円)で東京都内を走った。マーチのリア部分を26cm延ばしてたつくった5ドアワゴンである。

リアハッチを開けると、タイヤハウス後ろの荷室側面に収納ポケットが設けられたほか、奥行きも24cm延長され、数値以上に使い勝手が向上した印象を受ける。

運転席はクッションが厚くてなかなかイイが、ヴィッツのルノー・ライクな(?)座り心地抜群のものと比較すると、ちょっとツラい。ゴワゴワした、太い畝(うね)のついた生地は、ジャケットの毛がひっついて不快。

走りだすと、マーチはデビュー8年が経つが、依然として運転の楽しいクルマだ。ハンドリングが素直。CVTは、かつての「上がったエンジン回転数に、車速が必死に追いかけていく」感が大分薄くなったが、発進時に回転数を高めがちな機構ゆえ、加減速の多い街なかでは、車内はうるさい。「活気がある」ともいえますが。

マーチボックスは、なにより全長×全幅×全高=3980×1585×1450mmの手頃なサイズが いい。日産への車両返却時に、ガスステーションを探すために這いずり回った築地近辺の 狭い路地裏でも難儀しなかった。

スタイルは「利発なお嬢様風」から、モサッとやぼったいものになったが、花よりダンゴ、実利重視のオバサン仕様である(褒めてます)。ただ、ヴィッツ3兄弟に対抗するには、登場が遅すぎ、車型も中途半端だ。(NAVI編集部アオキ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.9.15 試乗記 オーテックジャパンの創立30周年を記念した、30台の限定モデル「マーチ ボレロA30」に試乗。オーテックの匠(たくみ)が手がけた“手作りの自動車”の出来栄えやいかに? 専用チューニングの足まわりとエンジンが織り成す走りをリポートする。
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • 日産マーチNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2014.2.18 試乗記 「ジューク」と「フェアレディZ」に続き、NISMOの名を持つ「マーチ」が登場。モータースポーツで培われたノウハウが注がれたスーパーマーチの走りはいかに? 1.5リッター自然吸気エンジンに5MTを組み合わせた上級モデル「NISMO S」に試乗した。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
ホームへ戻る