ダイハツ、「テリオスキッド」に後輪駆動車を追加

2000.01.27 自動車ニュース
 
 
000127_032.gif

ダイハツ、「テリオスキッド」に後輪駆動車を追加(1/27)

ダイハツ工業は、軽自動車「テリオスキッド」に後輪駆動車を新規設定、加えて四輪駆動車をマイナーチェンジし、1月18日より発売した。

新たに設定されたのは後輪駆動車「CL」「CLカスタム」「エアロダウン」。「FRならではの素直なハンドル操作を実現した」とダイハツではしている。エンジンは4WD車同様、4バルブ直3ターボエンジンを搭載。車両の軽量化とデフギア比の見直しにより、燃費を向上させているという。さらにエアロダウンスポーツサスペンションが採用されているのもFR車の特長といえる。

四駆車には新グレード「CX」「CLカスタム」を設定。上級グレードとなる「CX」は、4バルブ直3インタークーラーターボ「EF-DET」エンジンを搭載、ハロゲンフォグランプ、アルミホイール、電動ドアミラーなどを装着している。「CLカスタム」はライトプレッシャーターボ付の直3「EF-DEM」エンジンが載り、フロントロアスカート、サイドストーンガード、リアロアスカート、ハロゲンフォグランプ、さらにFR車に標準装備されるエアロダウンスポーツサスペンションなどが加わる。

旧モデルからの改良点は、電動ドアミラーの標準装備(エアロダウン)、フロントフォグランプホールカバーのボディ色対応(CL)、電動格納式メッキドアミラーをオプション設定などだ。価格は108.0万円から149.0万円となる。

ダイハツ工業「テリオスキッド」サイト:
http://www.daihatsu.co.jp/cata/terioskid/index.htm

好調な売れ行きの軽。それにFRを設定し、波に乗りたいところです。(Web CG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ「テリオスキッド」に新顔登場 2002.1.18 自動車ニュース ダイハツ工業は、軽自動車のSUV「テリオスキッド」の派生モデル「テリオスルキア」を、2002年1月9日に発売した。同時に、テリオスキッドと乗用車「テリオス」の一部改良を行った。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る