ダイハツ、「テリオスキッド」に後輪駆動車を追加

2000.01.27 自動車ニュース
 
 
000127_032.gif

ダイハツ、「テリオスキッド」に後輪駆動車を追加(1/27)

ダイハツ工業は、軽自動車「テリオスキッド」に後輪駆動車を新規設定、加えて四輪駆動車をマイナーチェンジし、1月18日より発売した。

新たに設定されたのは後輪駆動車「CL」「CLカスタム」「エアロダウン」。「FRならではの素直なハンドル操作を実現した」とダイハツではしている。エンジンは4WD車同様、4バルブ直3ターボエンジンを搭載。車両の軽量化とデフギア比の見直しにより、燃費を向上させているという。さらにエアロダウンスポーツサスペンションが採用されているのもFR車の特長といえる。

四駆車には新グレード「CX」「CLカスタム」を設定。上級グレードとなる「CX」は、4バルブ直3インタークーラーターボ「EF-DET」エンジンを搭載、ハロゲンフォグランプ、アルミホイール、電動ドアミラーなどを装着している。「CLカスタム」はライトプレッシャーターボ付の直3「EF-DEM」エンジンが載り、フロントロアスカート、サイドストーンガード、リアロアスカート、ハロゲンフォグランプ、さらにFR車に標準装備されるエアロダウンスポーツサスペンションなどが加わる。

旧モデルからの改良点は、電動ドアミラーの標準装備(エアロダウン)、フロントフォグランプホールカバーのボディ色対応(CL)、電動格納式メッキドアミラーをオプション設定などだ。価格は108.0万円から149.0万円となる。

ダイハツ工業「テリオスキッド」サイト:
http://www.daihatsu.co.jp/cata/terioskid/index.htm

好調な売れ行きの軽。それにFRを設定し、波に乗りたいところです。(Web CG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ テリオスキッドCX (4AT)【ブリーフテスト】 2001.11.22 試乗記 ……152.8万円
    総合評価……★★★★




  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • ブラックでキメた「シボレー・キャプティバ」限定発売 2017.5.30 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年5月30日、ミドルサイズSUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ パーフェクトブラック エディションII」を発表した。同年6月3日に15台限定で発売される。
  • テリオスの軽バージョン、「キッド」登場 1998.10.7 自動車ニュース ダイハツ工業は10月6日、新規格に合わせた軽のSUV、「テリオス・キッド」を発表した。「テリオス・キッド」は、新型パジェロミニや、間もなく登場する新型ジムニーのライバルとして誕生したSUVである。そのボディサイズは全高x全幅x全高=3395x1475x1715〜1740?。新規格いっぱいの大きさだが、エンジンが縦置きであることや、ホイールベースが2420?と同社の1.3リットル版テリオスと同じことなどから、ミラやムーヴとは異なり、テリオス1.3をベースに開発されたようである。ライバルと比較すると唯一5ドアである点が大きな特徴だ。そのボディはダイハツの衝突安全システム「TAF」を採用することによって、国内、欧州衝突安全基準をクリアしているという。グレードはベーシックな「CL」と、ドレスアップされた「エアロダウン」の2つのみ。搭載されるエンジンは水冷直3DOHCターボで、加給圧の違いにより「エアロダウン」は64ps/10.9kgm、「CL」は60ps/8.6kgmのパワー/トルクを得ている。トランスミッションは5MTと4AT。全車フルタイム4WDである。安全装備としては、デュアル・エアバッグ、プリテンショナー&フォースリミッターつきシートベルト、衝撃感知安全システム(ムーヴの項参照)を全車に標準装備、ABSをオプション設定している。価格は119.5〜149.0万円。目標販売台数は月2000台である。
  • ダイハツ、「テリオス」に衝突安全ボディ 1998.9.22 自動車ニュース ダイハツ工業はコンパクトなSUV「テリオス」に衝突安全ボディを採用するなどして、9月21日より発売した。価格は据え置きとなっている。「ダイハツテリオス」における今回の改良では、全車にダイハツの衝突安全ボディ「TAF(タフ)」を採用したことが最大の眼目だ。外観上はマルチリフレクターハロゲンランプが新採用されたのが新しい点といえる。加えてステアリングホイールの意匠変更、カップホルダーおよび運転席シートバックポケットの標準装備も今回からの採用だ。改良された「ダイハツテリオス」のグレードは「CL」と「CX」。「CL」では新たにバンパー、フェンダーアーチ、ドアガーニッシュにシルバーメタリック塗装が施された。フルホイールキャップも今回から装備されている。室内ではヘッドレストがファブリック張りとなったことに加え、シートアンダートレイやキーレスエントリーが標準装備となったのも改良点としてあげられる。上級グレードの「CX」においては、ブラッドレーアルミホイールが標準装備された。「ダイハツテリオス」は1997年4月に発売された街乗りを視野にいれたスポーツユーティリティビークルで、1.3リッター4気筒エンジンにメカニカルセンターデフロック付きのフルタイム4WDシステムというドライブトレインをもっている。価格は「CL」が130.0万円(5MT)と141.0万円(4AT)、「CX」が145.0万円(5MT)と156.0万円(4AT)である。
ホームへ戻る