「メルセデス・ベンツSL」に「E-call」システムが標準装備

2000.01.28 自動車ニュース
 
 
000128_036.gif

「メルセデス・ベンツSL」に「E-call」システムが標準装備(1/28)

ダイムラー・クライスラー日本は、メルセデス・ベンツの高級ロードスター「SL」に「E-call」システムを標準装備した。

「E-call(イーコール)システム」とは、重大事故などの緊急時にオペレーションセンターを通じて、警察や消防への緊急連絡と情報提供を行う情報システム。情報システムゆえ、ダイムラー・クライスラーサービステレマティック日本とのサービスおよび自動車携帯電話サービスの契約、加入手続きが別途必要になる。

「E-call(イーコール)システム」は、新たな自動車携帯電話サービスの契約が必要になるので、需要がいまひとつ。しかし、オペレーターが24時間常駐するサポート体制を考えれば、新たな電話契約も保険みたいなもの。車両価格1000万円のクルマを購入する方には、それぐらいパッと払っていただきたい。日本のお金持ちはそういうところがセコクていけません。ひがんでる?(Web CGあらい/住宅ローンあり)

 
 

関連キーワード:
SLメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」が日本上陸
    2018.1.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年1月19日、新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」を発表し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年3月ごろを予定している。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • 最高出力510psの「メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ」が登場 2018.1.11 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年1月10日、「メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ」に、「メルセデスAMG GLC63 4MATIC+」「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+」「メルセデスAMG GLC63 4MATIC+クーペ」「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+クーペ」を追加し、同日、注文受け付けを開始した。
ホームへ戻る