オペル特別限定車「アストラ・エディション2000」を発売

2000.01.28 自動車ニュース
 
 
000128_035.gif

オペル特別限定車「アストラ・エディション2000」を発売(1/28)

ヤナセは「オペル・アストラ」に西暦2000年のミレニアムを冠した特別限定車「アストラ・エディション2000」を2月5日より発売する。

「アストラ・エディション2000」は、ハッチバックモデルとワゴンモデルの2タイプの設定となり、それぞれのベース車両は「アストラCD」と「アストラワゴンCD」。

特別装備品として、フロントクロームグリル、本革張りスポーツシート、フロントシートヒーター、助手席高さ調整式シート、ウッド調パネル/シフトノブ、オリジナルアルミホイールなどが備わりながら、車両価格をベースモデルの17万円高に抑え、買い得感のあるモデルにしたという。

価格はハッチバックモデルが251.0万円、ワゴンモデルが266.0万円。限定台数はハッチバックモデルが300台、ワゴンモデルが500台となる。(写真はアストラLS)

販売台数において、ライバルにあたる「VWゴルフ」に大きく水をあけられている「アストラ」。ヤナセの発表した今期のブランド別販売計画台数によると、オペルは対前年比115.7%が目標。この特別限定車も3月に中間決算をむかえるヤナセの苦肉の作と言えるでしょう。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.6.14 試乗記 オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    GMグループの最新プラットフォーム「イプシロン」に、斬新なデザインのボディを載せた「オペル・ベクトラ」。セダンに続いて、「GTS」とのサブネームを付けた5ドアハッチの日本導入が開始された。“スポーティ”を謳うニューベクトラに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が乗った。


  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る