スバル、インプレッサワゴンの特別仕様車を発売

2000.02.02 自動車ニュース
 
 
000202_003.gif

スバル、インプレッサワゴンの特別仕様車を発売(2/2)

富士重工は、インプレッサ・スポーツワゴンによりスポーティなイメージを強調した特別装備車「C'zスポルトII」を追加した。

今回発売された「C'zスポルトII」は、インプレッサ・スポーツワゴン「C'z スポルト」をベースに、エクステリアには、「WRX」と同様のフロントバンパー、フロントグリル、さらに「ワゴンWRX STi Version」と同様の大型ルーフスポイラーを採用。また、インテリアには、専用シート地を採用したほか、CD/MDプレイヤー一体オーディオを装着している。

スポーティな装備を奢られながらも、価格はベース車の「C'z スポルト」と同価格とし、買い得感を高めている。

富士重工業「インプレッサ・スポーツワゴンC'zスポルトII」サイト:
http://202.217.201.209/showroom/cz2/

昨年4月に「C’z」をベースに、栄光のミニライト・ホイールを履かせ、外板色をWRCカーと同じ色に塗った特別仕様車「C’zスポルト」が登場、今回はさらに外観を過激にしたものです。しかし、心臓は相変わらず1.5リッターですから、ホントの喧嘩には弱い。メーカー純正でハッタリかましても、という気がしますが。(Web CGあらい)

 
 

関連キーワード:
インプレッサスバルインプレッサ・スポーツワゴン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 アイサイトの機能強化 2017.9.11 自動車ニュース スバルは2017年9月11日、「インプレッサ」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。先進運転支援システム「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る