三菱、パリダカ記念の「パジェロ」特別仕様車を発売

2000.02.03 自動車ニュース
 
 
000203_006.gif

三菱、パリダカ記念の「パジェロ」特別仕様車を発売(2/3)

三菱自動車は、1月6日〜23日に行われた「パリダカールラリー」のパジェロ出場を記念し同車の特別仕様車を設定、1月27日より発売した。

今回発売されるパジェロ特装車は、内外装を充実させた「EXCEED-S」「EXCEED-L」と、3月までの限定発売となる「パリダカレプリカ」の3車種が設定されている。

「EXCEED-S」は、「ZR」のショート/ロングをベースに、メッキ処理されたフロントグリル/リアコンビランプ、ボディ同色のドアハンドル、リアディフレクター(ショート)、デュアルオートエアコン(ロング)、セカンドセパレートシートなどが採用されている。価格はショートで294.3万円、ロングで319.3万円。

「EXCEED-L」は、「EXCEED」のショート/ロングをベースに、より高級感ある装備を採用。MMCS(三菱マルチコミュニケーションシステム)、TVチューナー、リアビューカメラ、フォグランプ、スタイルドタイヤケースらが装備される。ショートが340.5万円、ロングが370.0万円となる。

「パリダカレプリカ」(写真)は、サンルーフ付車両を除くショート全車をベースに、ラリー車のカタチをそのまま模した特別仕様車。特長は、ラリーに参戦した「チーム日石三菱ラリーアート」のカラーリング(ステッカー貼付)とマッドフラップが装着されている点だ。加えて篠塚健次郎選手のサイン色紙もプレゼント。パリダカファンにはうれしいモデルとなっている。価格はベース車より21.0万円高で、 320.3万円からとなる。

今年の「パリダカールラリー」、三菱の成績は、パジェロのJ-P・フォントネが総合3位(市販車改造部門T2で優勝)、J・クラインシュミットが総合5位(T2 2位)、増岡浩が総合6位(T2 3位)を獲得した(篠塚健次郎は途中リタイア)。

三菱自動車「パジェロEXCEED-S/Lパリダカ仕様車」サイト:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/docs8/pajero_exceed_sl00/index.html

同「パジェロパリダカレプリカ仕様車」サイト:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/docs8/pajero_replica00/index.html

ラリー序盤から首位を走っていたパジェロ。にもかかわらず勝利はプロトタイプバギーにのるジャン・ルイ・シュレッサーに奪われました。敗因は、高速でフラットな路面で、軽量さに優るバギーに敵わなかった点にあります。テクニカルなステージではアドバンテージを有するパジェロ、その盲点は構造的な重さと大きさにあるようです。(WebCG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)【試乗記】 2010.11.1 試乗記 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード (4WD/5AT)
    ……476万7000円

    「ポスト新長期規制」に適合するクリーンディーゼルエンジンを手に入れた「三菱パジェロ」。名実ともにパワーアップした旗艦モデルをオンロードで試した。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 三菱パジェロ クリーンディーゼルシリーズ【試乗速報】 2010.9.6 試乗記 三菱パジェロ ロング スーパーエクシード(4WD/5AT)/ロング エクシード(4WD/5AT)/ショート VR-II(4WD/5AT)
    ……487万2000円/440万4750円/384万3000円

    「三菱パジェロ」が新たにポスト新長期規制に適合したクリーンディーゼルエンジンを搭載した。環境性能だけでなく動力性能も同時に向上させた新型にオフロードコースで試乗し、ディーゼルのメリットを確かめた。
  • 「ジャガーXF」にワゴンボディーの「スポーツブレイク」登場 2017.6.19 自動車ニュース 英ジャガーがスポーツワゴンの新型「XFスポーツブレイク」をロンドンで初公開した。同社のEセグメントモデル「XF」のワゴンバージョンで、最大で1700リッターの荷室容量を実現。駆動方式には、FRに加えて4WDも用意されている。
ホームへ戻る