丸型6眼ヘッドランプのスズキ「ワゴンRプラスリミテッド」発売

2000.02.03 自動車ニュース
 
 
000203_007.gif

丸型6眼ヘッドランプのスズキ「ワゴンRプラスリミテッド」発売(2/3)

スズキは、「ワゴンRプラス」に6眼ヘッドランプを採用した特別仕様車「ワゴンRプラス・リミテッド」を2月1日より発売した。

「ワゴンRプラス・リミテッド」は、昆虫の複眼を思わせる6眼ヘッドランプに加え、エアロタイプの大型バンパー、専用オーバーフェンダーなどで、エアロフォルムを大胆に演出。さらに、バンパーに埋め込まれた大型ハロゲンフォグランプでもって、非常に個性的なデザインとなっている。

ベースとなるのは、大型インタークーラーを備えた1リッター・ターボエンジンを搭載する「XT」である。

メタル調のインパネ&メータークラスター、専用本革巻きステアリングホイールなどで、内装面でもスポーティな雰囲気を演出している。

価格は2WD版が155.8万円、4WD版が165.5万円。

いやあ、スゴイ顔。それにしても地味な内装とのギャップはなんなんでしょうか。「ワゴンRプラス」の良さは、シンプルなところだと思うのですが。素顔が素敵な女子高校生がアダモちゃん顔のガングロになった感じです。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ワゴンRの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
ホームへ戻る