丸型6眼ヘッドランプのスズキ「ワゴンRプラスリミテッド」発売

2000.02.03 自動車ニュース
 
 
000203_007.gif

丸型6眼ヘッドランプのスズキ「ワゴンRプラスリミテッド」発売(2/3)

スズキは、「ワゴンRプラス」に6眼ヘッドランプを採用した特別仕様車「ワゴンRプラス・リミテッド」を2月1日より発売した。

「ワゴンRプラス・リミテッド」は、昆虫の複眼を思わせる6眼ヘッドランプに加え、エアロタイプの大型バンパー、専用オーバーフェンダーなどで、エアロフォルムを大胆に演出。さらに、バンパーに埋め込まれた大型ハロゲンフォグランプでもって、非常に個性的なデザインとなっている。

ベースとなるのは、大型インタークーラーを備えた1リッター・ターボエンジンを搭載する「XT」である。

メタル調のインパネ&メータークラスター、専用本革巻きステアリングホイールなどで、内装面でもスポーティな雰囲気を演出している。

価格は2WD版が155.8万円、4WD版が165.5万円。

いやあ、スゴイ顔。それにしても地味な内装とのギャップはなんなんでしょうか。「ワゴンRプラス」の良さは、シンプルなところだと思うのですが。素顔が素敵な女子高校生がアダモちゃん顔のガングロになった感じです。(Web CGあらい)

 
 

関連キーワード:
ワゴンRスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • スズキ・スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ(FF/CVT)【試乗記】 2018.3.8 試乗記 生活必需品として、日本で独自の発展をみせる軽乗用車。新型「スペーシア」は、その中で一番の激戦区であるスーパーハイトワゴンカテゴリーに、スズキが投入した自信作だ。ワイルドなフロントマスクが主張する「カスタム」に試乗した。
  • スズキ・スペーシア ハイブリッドX/スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ【試乗記】 2018.1.29 試乗記 目指したのは「家族や仲間と楽しく使える軽ハイトワゴン」。2代目となる「スズキ・スペーシア」に試乗した。同じカテゴリーに“日本で一番売れているクルマ”という明確なライバルがいる状況で、スズキが投入した新型の出来栄えは?
ホームへ戻る