フォルクスワーゲンとアウディがチャイルドシート・キャンペーン

2000.02.04 自動車ニュース
000204_008.gif

フォルクスワーゲンとアウディがチャイルドシート・キャンペーン(2/4)

フォルクルワーゲングループ・ジャパンならびにアウディ・ジャパンが、4月30日まで「チャイルドシート・キャンペーン」を実施。

今年4月から施行される6歳未満の子供を対象としたチャイルドシート着用義務化を控え、VWとアウディの正規ディーラーで「チャイルドシート・キャンペーン」を開始した。

キャンペーンの対象となるチャイルドシートは、両社が開発した純正セイフティ・シートで、生後まもない乳児から約12歳までの年齢にあわせて4つのタイプが用意されている。

いずれも、ヨーロッパの安全基準をクリアするもので、キャンペーン期間中にこのチャイルドシートを購入すると、「1年間のチャイルドシート傷害保険」、「チャイルドシート取り扱いビデオ」が無料で付保される。

価格は、アウディ純正チャイルドセーフティシート「フッケパック」シリーズ、VW純正「ボブシー」シリーズとも、1万7000円から4万5000円。

小さな子供を2人育てた経験から申し上げますと、初めてクルマに乗せたときから「チャイルドシート」に座らせることをお薦めします。「クルマに乗るって、この席に座ることなのね」と最初から刷り込まないと、ムズかってなかなか座ってくれません。(Web CGあらい)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。