ホンダ「アヴァンシア」にV6・4WDの「V-4」が追加

2000.02.07 自動車ニュース
 
 
000207_012.gif

ホンダ「アヴァンシア」にV6・4WDの「V-4」が追加(2/7)

ホンダは2月3日、アヴァンシアにV6エンジンを搭載した4WD仕様車「V-4」を追加発売した。

「V-4」は3リッターV型6気筒エンジンとリアルタイム4WDシステムを組み合わせたシリーズ最上級モデル。V6エンジンは「V」、駆動システムは「L-4」からと、既存のバリエーションのパワートレーンを適宜組み合わせた最も贅沢なモデルである。変速機はアヴァンシア独特のゲート式インパネシフトで、同じV6エンジンを搭載する「V」と同じ5段オートマチックだが、V-4には雪道での使用を考慮したスノーモードが追加されている。

外観では大型バンパーや16インチの大径タイアが4WDらしさを表わしているが、V-4だけの特徴というわけではない。

主な装備は運転席4ウェイパワーシート、スライド&リクライニング機構付き後席2ウェイラウンジシート、独立した後席用吹き出し口といったところが豪華さを演出する。

価格は295.5万円。これは、V6+FWDの「V」に対しては26万円高、2.3リッター直4+4WDの「L-4」に対しては46万円高となる。

なお、V-4の登場を機にL-4タイプも、内装色の選択範囲が広がるという若干の変更を受けている。

新しいグレード名を見たときにはいよいよV型4気筒の登場かあ、と思った。特にアヴァンシアのモデル名は直列がL、V6がVだから、そう思ってしまうのは私だけではないだろう。たしかにL-4の存在を知っていれば想像がつくのだろうけど、ウーン難しいもんですよね、車名を理解するのって。(Web CG おざわ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコードツアラー 24TL スポーツスタイル(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2009.2.10 試乗記 ……389万4500円
    総合評価……★★★★★

    フルモデルチェンジで8代目になった「ホンダ・アコード」シリーズ。ボディを大型化し、全方位的に上質にしたという新型の実力を、アコードワゴンあらため「ツアラー」で試す。
  • メルセデスAMG GLA45 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.29 試乗記 メルセデスのコンパクトSUV「GLA」のマイナーチェンジに合わせて、ホットモデルの「AMG GLA45 4MATIC」も最新型へと進化。主な変更点である外装デザインの確認も早々に、リポーターは雨中のドライブに出発。その運動性能をつぶさにチェックした。
  • ホンダ・アコード24iL(FF/5AT)/アコードツアラー24TL(FF/5AT)【試乗速報】 2008.12.24 試乗記 ホンダ・アコード24iL(FF/5AT)/アコードツアラー24TL(FF/5AT)
    ……411万5000円/362万7750円

    1976年の初代誕生から30余年。ホンダの世界戦略車「アコード」は、8代目となってどう変わったか?
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
ホームへ戻る