BMW5シリーズの特別仕様車発売

2000.02.08 自動車ニュース
 
 
000208_015.gif

BMW5シリーズの特別仕様車発売(2/8)

BMWは、「528i Hi-line」に豪華装備を付加した特別仕様車を2月5日より発売した。

「528i」特別仕様車は、TVチューナ付きオンボードモニター、VICS対応DVDナビゲーションシステム、クルーズ・コントロールなどの標準装備した「528i Hi-line」をベースに、ボディカラーを専用のビアリッツ・ブルーメタリックとし、ホワイトターン・インディケーター、17インチアルミホイール、235/45R17タイヤなどで、スポーティな外観に仕上げたという。エクステリアの装備としては、ほかに電動ガラスサンルーフも付加される。

また、シートはブルーのパイピングを施したレザーシートとなり、ランバーサポート機能のほか、「750iL」に標準装備されている「バックレスト上部角度調整機能付シート」を採用している。

価格は697.0万円で250台の限定となる。

現行5シリーズもそろそろモデル末期となり、テコ入れのひとつだと思われます。これら特別装備を個別にオーダーした場合、約90万円になるので、「528i Hi-line」より30万円高の697.0万円は、非常にお買い得だとのこと。しかし、よりスポーティな外観の「M-Sport」が645.0万円で買えることを考えると、訴求はもうひとつではないでしょうか?(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW、通算7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2017.1.13 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。発売は2月11日。部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用や、ライバル車をしのぐ燃費を実現するなど、ベンチマークとしての地位を堅持したのが自慢だ。
  • BMW 5シリーズ 2017.1.12 画像・写真 BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。販売は2月11日に開始する。「BMW GROUP Tokyo Bay」(東京都江東区)で行われた発表会の様子を、写真で紹介する。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • BMW 523dブルーパフォーマンス ツーリング Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2013.1.7 試乗記 BMW 523dブルーパフォーマンス ツーリング Mスポーツ(FR/8AT)
    ……808万2000円

    日本の「ポスト新長期規制」をクリアした2リッター直4ディーゼルエンジンが「5シリーズ」にも搭載された。このエンジン、「3シリーズ」では迫力に満ちた走りを見せたが、5シリーズではどうなのだろうか。
ホームへ戻る