クルマをモチーフにした絵画展、開催

2000.02.09 自動車ニュース
000209_016.gif

クルマをモチーフにした絵画展、開催(2/9)

クルマをモチーフにした絵画を描く画家、ジェレミー・ディッキンソンの展覧会が、2月15日より3月4日まで開かれる。ミニカー、バスのペインティング最新作20点が展示される。

ジェレミー・ディッキンソンは1963年イギリス生まれ。子供のころからのミニカーコレクションやイギリス中を走る様々なバスを題材にした絵を描く画家として知られているという。バスもミニカーも、単色の背景に切り取られて非常にリアルに描かれているのが特徴的。バスの車窓に映り込んだ風景や日差し、ミニカーの長い間についたキズや剥落から、アーティストとモチーフの共有した時間や出会った時間が読み取れる展覧会となっている。


「ジェレミー・ディッキンソン展」
会期:2000年2月15日(火)〜3月4日(土)(火曜〜土曜/午前11時〜午後7時、日・月・祝/休み)
会場:小山登美夫ギャラリー(東京都江東区佐賀1-8-13 食糧ビル2F)
入場料:無料
交通:半蔵門線水天宮前2番出口徒歩10分
東西線門前仲町3番出口徒歩12分
日比谷線茅場町4B出口徒歩12分
東京駅丸の内口より都バス錦糸町行き(東22)で佐賀1丁目下車
問い合わせ:小山登美夫ギャラリー(電話 03-3630-2205)

日本で初の開催となるジェレミー・ディッキンソン展覧会。彼の絵は元ロキシー・ミュージックのブライアン・フェリーもコレクションしているそうです。(WebCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。