ダイハツ「アトレーワゴン」に新車種追加

2000.02.09 自動車ニュース
 
 
000209_017.gif

ダイハツ「アトレーワゴン」に新車種追加(2/9)

ダイハツ工業は、「アトレーワゴン」に大型電動ガラスサンルーフ付車およびハイルーフのターボモデルを追加設定、2月4日より発売した。

追加された車種はロールーフの「大型電動ガラスサンルーフ付車」とハイルーフのターボ・モデル「CLターボ」。

「CLターボ」は、ツインカム3気筒12バルブターボエンジンを搭載、軽キャブワゴンのターボモデルとしては最安価の111.0万円(5MT)となる。

また、これにともない全車の装備も見直された。主な変更点は、全車錆保障期間の延長(穴あき5年、表面錆保障3年)を実施、全車シート表皮の変更、乗降グリップ(助手席)、センターピラー乗降グリップ、1DIN ACパワーソケットの全車標準装備、ウッドステアリングのオプション設定(カスタム。カスタムターボ)などだ。

ダイハツ工業「アトレーワゴン」サイト:
http://www.daihatsu.co.jp/cata/atrai/index.htm

アトレ―ワゴンと同時に、軽商用車「ハイゼットトラック」「ハイゼットカーゴ」にも新車種追加/改良がなされました。これは、年度末商戦に向けたテコ入れに乗り出しているということ。軽貨物四輪車のシェアで1位スズキを追うダイハツにとって、この改良は重要な意味をもっているといえます。(WebCG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツから新感覚スタイルワゴンが登場 2016.9.7 特集 ダイハツの新型軽乗用車「ムーヴ キャンバス」がデビューを飾った。「幅広い世代にとって使いやすい軽を目指した」という新たなスタイルワゴンには、どんな特徴があるのだろうか。発表会の様子も交えつつ、クルマとしての見どころを紹介する。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
ホームへ戻る