【スペック】全長×全幅×全高=4970×1930×1410mm/ホイールベース=2920mm/車重=1940kg/駆動方式=4WD/4.8リッターV8DOHC32バルブ(430ps/3500rpm、53.0kgm/6700rpm)/価格=1554万円(テスト車=1744万3000円)

ポルシェ・パナメーラGTS(4WD/7AT)【試乗記】

穏やかなスーパーセダン 2012.07.16 試乗記 ポルシェ・パナメーラGTS(4WD/7AT)
……1744万3000円

最新型のパナメーラ、「GTS」が日本に上陸。NAモデルのトップグレードは、どんな走りを見せたのか?

「4S」以上、「ターボ」未満

「アメリカ横断」を連想させる名のフル4座ポルシェがデビューしてから3年、シリーズに“GTS”が加わった。4輪を駆動するエンジンは430ps。7段PDKと組み合わされる直噴4.8リッターV8をS系よりさらに30psパワーアップしている。エアサスペンション、PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント)、スポーツクロノ・パッケージなどを標準装備し、ターボと同じブレーキシステムを採用する。価格は“4S”より109万円高い1571万円(2013年モデルの車両本体価格。テスト車は2012年モデル)。ノンターボ・パナメーラの頂点に立ったのがGTSである。

オプションの20インチホイール(標準は19インチ)を履く試乗車でも、見た目にそれほどの派手さはない。せり出してから横に広がるリアウイングは他モデルと共通だが、止まっていれば格納されている。だが、運転席に座ると、アルカンターラの小径ハンドルがちょいワルだ。シートやダッシュボードに走るステッチは赤。そういえば、ホイールからのぞくブレーキキャリパーも赤だった。

シリーズ初のGTS、「パナメーラのGT3」みたいなやつか、と思って走りだすと、肩透かしを食らった。第一印象は乗り心地がいいこと。タウンスピードでのしなやかなフットワークは、エレガントですらある。「ジャガーXJサルーン」みたいだ。

ターボに70ps差まで迫ったエンジンも、町なかではパワフルさより静粛性のほうが際立つ。GTSもアイドリングストップ機構が標準装備。出たてのパナメーラに付いていたシステムに比べると、再始動の反応は格段に向上し、もうキャンセルスイッチに手を伸ばしたくなることもなくなった。

レザーとアルカンターラに囲まれた「パナメーラGTS」のインテリア。シートの中央部や前席のアームレスト、ルーフライニングなどがアルカンターラ仕上げとなる。ステアリングホイールには合金製のシフトパドルが備わる。
レザーとアルカンターラに囲まれた「パナメーラGTS」のインテリア。シートの中央部や前席のアームレスト、ルーフライニングなどがアルカンターラ仕上げとなる。ステアリングホイールには合金製のシフトパドルが備わる。
ブレーキシステムは「パナメーラ ターボ」と共通のもの。テスト車は20インチのRSスパイダーデザインホイール(オプション:25万3000円)を装着していた。
ブレーキシステムは「パナメーラ ターボ」と共通のもの。テスト車は20インチのRSスパイダーデザインホイール(オプション:25万3000円)を装着していた。
強力なダウンフォースをもたらす可変式2ピースリアスポイラー。(写真をクリックするとスポイラーのせり出す様子が見られます)
強力なダウンフォースをもたらす可変式2ピースリアスポイラー。(写真をクリックするとスポイラーのせり出す様子が見られます)
マットブラック仕上げのテールパイプを備えた「スポーツエグゾーストシステム」を標準装備。スイッチ操作によるシステム作動時や「スポーツ」「スポーツプラス」モード選択時に、迫力のあるサウンドを奏でる。
マットブラック仕上げのテールパイプを備えた「スポーツエグゾーストシステム」を標準装備。スイッチ操作によるシステム作動時や「スポーツ」「スポーツプラス」モード選択時に、迫力のあるサウンドを奏でる。
関連記事
  • ポルシェが「パナメーラ」の最上級モデルを日本に導入 2017.4.20 自動車ニュース ポルシェが「パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブ」の予約受け付けを開始。V8ターボとプラグインハイブリッド機構を組み合わせた「パナメーラ」最上級グレードで、価格は2831万~3044万円となっている。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)/パナメーラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.9.22 試乗記 ポルシェの新型「パナメーラ」にドイツ・ミュンヘンで試乗した。さまざまな新機軸の投入によって、快適性と動力性能の両面でさらなる高みに達した“4ドアスポーツカー”の実力を探った。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開 2017.2.28 自動車ニュース ポルシェが新型「パナメーラ」の日本仕様を初公開した。新型パナメーラはポルシェの新しいプラットフォーム「MSB」を採用した第1弾のモデルにあたり、V6、V8のツインターボモデルに加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
ホームへ戻る