【スペック】全長×全幅×全高=4970×1930×1410mm/ホイールベース=2920mm/車重=1940kg/駆動方式=4WD/4.8リッターV8DOHC32バルブ(430ps/3500rpm、53.0kgm/6700rpm)/価格=1554万円(テスト車=1744万3000円)

ポルシェ・パナメーラGTS(4WD/7AT)【試乗記】

穏やかなスーパーセダン 2012.07.16 試乗記 ポルシェ・パナメーラGTS(4WD/7AT)
……1744万3000円

最新型のパナメーラ、「GTS」が日本に上陸。NAモデルのトップグレードは、どんな走りを見せたのか?

「4S」以上、「ターボ」未満

「アメリカ横断」を連想させる名のフル4座ポルシェがデビューしてから3年、シリーズに“GTS”が加わった。4輪を駆動するエンジンは430ps。7段PDKと組み合わされる直噴4.8リッターV8をS系よりさらに30psパワーアップしている。エアサスペンション、PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント)、スポーツクロノ・パッケージなどを標準装備し、ターボと同じブレーキシステムを採用する。価格は“4S”より109万円高い1571万円(2013年モデルの車両本体価格。テスト車は2012年モデル)。ノンターボ・パナメーラの頂点に立ったのがGTSである。

オプションの20インチホイール(標準は19インチ)を履く試乗車でも、見た目にそれほどの派手さはない。せり出してから横に広がるリアウイングは他モデルと共通だが、止まっていれば格納されている。だが、運転席に座ると、アルカンターラの小径ハンドルがちょいワルだ。シートやダッシュボードに走るステッチは赤。そういえば、ホイールからのぞくブレーキキャリパーも赤だった。

シリーズ初のGTS、「パナメーラのGT3」みたいなやつか、と思って走りだすと、肩透かしを食らった。第一印象は乗り心地がいいこと。タウンスピードでのしなやかなフットワークは、エレガントですらある。「ジャガーXJサルーン」みたいだ。

ターボに70ps差まで迫ったエンジンも、町なかではパワフルさより静粛性のほうが際立つ。GTSもアイドリングストップ機構が標準装備。出たてのパナメーラに付いていたシステムに比べると、再始動の反応は格段に向上し、もうキャンセルスイッチに手を伸ばしたくなることもなくなった。

レザーとアルカンターラに囲まれた「パナメーラGTS」のインテリア。シートの中央部や前席のアームレスト、ルーフライニングなどがアルカンターラ仕上げとなる。ステアリングホイールには合金製のシフトパドルが備わる。
レザーとアルカンターラに囲まれた「パナメーラGTS」のインテリア。シートの中央部や前席のアームレスト、ルーフライニングなどがアルカンターラ仕上げとなる。ステアリングホイールには合金製のシフトパドルが備わる。
ブレーキシステムは「パナメーラ ターボ」と共通のもの。テスト車は20インチのRSスパイダーデザインホイール(オプション:25万3000円)を装着していた。
ブレーキシステムは「パナメーラ ターボ」と共通のもの。テスト車は20インチのRSスパイダーデザインホイール(オプション:25万3000円)を装着していた。
強力なダウンフォースをもたらす可変式2ピースリアスポイラー。(写真をクリックするとスポイラーのせり出す様子が見られます)
強力なダウンフォースをもたらす可変式2ピースリアスポイラー。(写真をクリックするとスポイラーのせり出す様子が見られます)
マットブラック仕上げのテールパイプを備えた「スポーツエグゾーストシステム」を標準装備。スイッチ操作によるシステム作動時や「スポーツ」「スポーツプラス」モード選択時に、迫力のあるサウンドを奏でる。
マットブラック仕上げのテールパイプを備えた「スポーツエグゾーストシステム」を標準装備。スイッチ操作によるシステム作動時や「スポーツ」「スポーツプラス」モード選択時に、迫力のあるサウンドを奏でる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「ポルシェ・パナメーラ」にショーファードリブン仕様が登場 2016.11.10 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2016年11月10日、新型「パナメーラ」のモデルラインナップに新型3リッターV6ターボエンジン搭載モデルと、ボディーを延長した「エグゼクティブ」モデルを追加設定し、同年12月9日に予約受注を開始すると発表した。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)/パナメーラ4S(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.9.22 試乗記 ポルシェの新型「パナメーラ」にドイツ・ミュンヘンで試乗した。さまざまな新機軸の投入によって、快適性と動力性能の両面でさらなる高みに達した“4ドアスポーツカー”の実力を探った。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
ホームへ戻る