ホンダ、「バモス」にターボ搭載車を追加

2000.02.14 自動車ニュース
 
 
000214_023.gif

ホンダ、「バモス」にターボ搭載車を追加(2/14)

本田技研工業は、軽乗用車「バモス」にターボエンジンを搭載した「バモスターボ」を追加し、2月9日より発売した。

「バモスターボ」は、660cc直3エンジンにインタークーラーターボを装着したモデルだ。 最高出力は64馬力。「HONDA LEV」導入により燃費はリッター15.4キロを記録、「高出力と低燃費を両立した」とホンダはいう。価格は137.8万円(2WD)と149.8万円(4WD)。

同時に、仕様等の見なおしも図られた。グレード「M」「L」タイプに4段オートマチックトランスミッションを設定。くわえて4段AT搭載全車にアルミホイールを標準装備したほか、リアサスペンションのリーフスプリングの設定を変更し乗り心地が向上したという。

本田技研工業「バモス」サイト:
http://www.honda.co.jp/VAMOS/

1999年6月に発売された新規格軽自動車ワンボックス「バモス」、販売は月間5000台前後と好調です。高出力ターボ車の追加により、さらに販売台数を伸ばしたい、というのがホンダの目論見だと考えられます。(WebCG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.16 試乗記 ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……154万5000円

    ちょっとレトロな表情を見せる、ホンダの軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」。そのクルマとしての仕上がりは? 巨匠 徳大寺有恒が確かめた。
  • スズキ、「SX4 Sクロス」に一部仕様変更を実施 2017.6.15 自動車ニュース スズキは、クロスオーバー「SX4 Sクロス」を一部仕様変更し、2017年7月6日に発売する。今回の変更の主な内容は、新しいフロントデザインの採用と内装の質感向上、6段ATの採用など。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • 「ホンダN-ONE」に「N360」生誕50周年を記念した特別仕様車 2016.11.10 自動車ニュース 本田技研工業は2016年11月10日、軽乗用車「N-ONE」に特別仕様車「SS(スズカスペシャル)ネオクラシックレーサーパッケージ」を設定し、11月11日に発売すると発表した。価格は179万8000円で、2017年10月31日までの生産分で受注終了となる。
ホームへ戻る