アルファロメオ「166」に乗る

2000.02.15 自動車ニュース
 
 
000215_028.gif

アルファロメオ「166」に乗る(2/15)

アルファロメオのフラッグシップモデル、「アルファ166 3.0V6 24V」に、WebCGおざわが試乗した。

1998年5月に日本発売された「156」が好評なだけに、上級の「166」には大いに期待を持って試乗した。特に私自身164のオーナーだけにその出来は気になるところである。

コクピットは164の面影をわずかに残しながらも大筋は156系のデザインでまとめられている。質感といいタッチといい、アルファの最上級にふさわしい仕上がりである。ただし操作感覚は164から乗り換えても異質だ。特にステアリングホイールはより起き上がったアップライトスタイルであり、ドライバーから遠い位置にあるといった感じ。そしてアクセルペダルは異常に軽い。操作系は軽いほどいいという意見もあるが、私はそうは思わない。特にアルファのように運転すること自体が楽しい車の場合、ある程度重さが感じられないと車との一体感が得られないからだ。

走り出してみると加速力はほどほど。車体が重いせいもあって156V6のような軽快さはない。しかし乗り心地は満足のいくレベルにある。西湘バイパスの目地も軽やかにこなし、遮音性も充分だ。絶対的な動力性能より快適性を重視したことは166のユーザー像を考えれば納得できる設定である。

ブレーキの感覚もよくない。踏んだタッチは悪くないのだが、反力があいまいで意図どおりにペダルが返ってこないのだ。個体差かと思い、整備担当者に聞くと皆こんなものだという。要改善項目である。

「カーナビの達人」編集担当としては、純正ナビにも及第点は与えられない。モニター位置が低すぎること、設計が古すぎることが理由である。いくら標準装備とはいっても使いにくいナビなど、ありがた迷惑以外の何物でもない。

私のような164にスポーツ性を求めるユーザーには、たとえスポトロニックといえども満足できないのではないかと思っていたが、シフトレバーをマニュアルモードに移せばそれなりにスポーティーな感覚が味わえる。ただしBMWツーリングで感じたような瞬時の変速やスムーズなつながり感は得られなかった。164クォドリフォリオのユーザーまで狙うのであれば、やはり出来のよいマニュアルは用意すべきだろう。その場合、156の6段MTは格好の素材だろうが、あの長いストロークとゴムが介在するかのようなシフト感覚はこの際改善して搭載されることを望んでおきたい。(Web CG おざわ)

 
 

関連キーワード:
アルファ166アルファ・ロメオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る