BMW「Z3ロードスター」に特別仕様車を設定

2000.02.18 自動車ニュース
 
 
000218_040.gif

BMW「Z3ロードスター」に特別仕様車を設定(2/18)

ビー・エム・ダブリューは、2リッターエンジンを搭載した「Z3ロードスター」の特別仕様車を設定、3月4日より発売した。

「Z3ロードスター2.0」特別仕様車は、ダークブルーのソフトトップ、ブルーのパイピング付きのレザーシート、シートヒーターを装備、また、「Z3クーペ2.8」に標準装備のダブルスポーク・タイプのアルミホイールとホワイト・ターン・レンズで、よりスポーティな外観に仕上げられている。

総額80万円相当の特別装備をパッケージで施しながら、通常モデルのわずか25万円アップに抑えたという今回の特別仕様車は、300台の限定となる。

価格は左ハンドル(5MT)が403.0万円、右ハンドル(4AT)が413.0万円。

ブルーメタリックのボディカラーとダークブルーのソフトトップの組み合わせは、エレガントだと想像します(モノクロ写真で申し訳ありません)。しかも、トップを下げれば、レザーシートに施されたブルーのパイピングがオシャレ。「Z3」は飛ばして楽しいというよりも、ゆったりと都会を流すのがイキなクルマですから、こうした装備は喜ばしいのではないでしょうか。(Web CGあらい)

 
 

関連キーワード:
Z3BMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 435i カブリオレ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.3.26 試乗記 「3シリーズ カブリオレ」の後を継ぐ、BMWのオープンモデル「4シリーズ カブリオレ」に試乗。7年ぶりのデビューとなる最新型の実力や、いかに?
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • BMWコンセプトZ4 2017.8.18 画像・写真 独BMWが、米カリフォルニア州で催されるクラシックカーイベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」にあわせ、2シーターオープンモデルの「コンセプトZ4」を公開した。新型「Z4」のデザインを示唆するスタディーモデルの姿を、写真で紹介する。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
ホームへ戻る