BMW「Z3ロードスター」に特別仕様車を設定

2000.02.18 自動車ニュース
 
 
000218_040.gif

BMW「Z3ロードスター」に特別仕様車を設定(2/18)

ビー・エム・ダブリューは、2リッターエンジンを搭載した「Z3ロードスター」の特別仕様車を設定、3月4日より発売した。

「Z3ロードスター2.0」特別仕様車は、ダークブルーのソフトトップ、ブルーのパイピング付きのレザーシート、シートヒーターを装備、また、「Z3クーペ2.8」に標準装備のダブルスポーク・タイプのアルミホイールとホワイト・ターン・レンズで、よりスポーティな外観に仕上げられている。

総額80万円相当の特別装備をパッケージで施しながら、通常モデルのわずか25万円アップに抑えたという今回の特別仕様車は、300台の限定となる。

価格は左ハンドル(5MT)が403.0万円、右ハンドル(4AT)が413.0万円。

ブルーメタリックのボディカラーとダークブルーのソフトトップの組み合わせは、エレガントだと想像します(モノクロ写真で申し訳ありません)。しかも、トップを下げれば、レザーシートに施されたブルーのパイピングがオシャレ。「Z3」は飛ばして楽しいというよりも、ゆったりと都会を流すのがイキなクルマですから、こうした装備は喜ばしいのではないでしょうか。(Web CGあらい)

 
 

関連キーワード:
Z3BMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWコンセプトZ4 2017.8.18 画像・写真 独BMWが、米カリフォルニア州で催されるクラシックカーイベント「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」にあわせ、2シーターオープンモデルの「コンセプトZ4」を公開した。新型「Z4」のデザインを示唆するスタディーモデルの姿を、写真で紹介する。
  • 新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」が日本上陸 2017.9.6 自動車ニュース FCAジャパンは2017年9月6日、高性能スポーツサルーン「アルファ・ロメオ・ジュリア」を発表した。同年10月14日に、全4モデルのラインナップで販売を開始する。価格は446万円から1132万円まで。
  • 【フランクフルトショー2017】ベントレーが新型「コンチネンタルGT」を発表 2017.8.30 自動車ニュース 通算で3代目となる新型「ベントレー・コンチネンタルGT」が、ラグジュアリーさと美しさを追求された新たな内外装と、先進装備を携えて登場した。デザイン、開発、そして手作業による製造にいたるまで、すべてイギリス国内で行われる。
  • アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.8.23 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった「R8スパイダー」に試乗。自然吸気のV10エンジンを搭載するアウディの最上級オープンはどんな走りを見せるのか。先代との比較を交えつつ、その印象を報告する。
  • BMW Z4 Mクーペ(FR/6MT)【ブリーフテスト】 2006.11.16 試乗記 ……848万2000円
    総合評価……★★★★

    2006年4月、「Z4ロードスター」のマイチェンとともに、追加設定された「Z4 Mクーペ」。「M3」の高性能エンジンを搭載する、ハイパフォーマンスパージョンの魅力に迫る。


ホームへ戻る