ルノー、日本に部品購買連絡拠点を設置

2000.02.18 自動車ニュース
000218_039.gif

ルノー、日本に部品購買連絡拠点を設置(2/18)

仏ルノーは2月16日、日本に自動車部品の購買連絡事務所を設置することを明らかにした。

ルノーが新設する購買連絡事務所は同社東京連絡事務所内に置かれ、フランス本社の購買部門マネジャーだったリュック・ガルゲ・デュポール氏が責任者を務める。今後は、日本の部品メーカーへ説明会等も検討している模様だ。

海外自動車メーカーが日本に購買部門を置くのは珍しいこと。ルノーのねらいは、日産とのプラットホーム共通化を図り、開発コストを抑制するということ。「日産リバイバルプラン」では非効率の対象になっている日産系部品メーカーにも、チャンスは残されているということになります。(WebCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。