ホンダ「バモス ターボ 4WD」に乗る

2000.02.18 自動車ニュース
 
 
000218_041.gif

ホンダ「バモス ターボ 4WD」に乗る(2/18)

ホンダ・アクティのワゴン版、「ホンダ・バモス」にNAVI編集部アオキ記者が乗った。

2月9日に発売されたホンダ・バモス ターボは、NA版バモスに、ミドシップ軽たる「Z」のパワートレインを移植した、左右のリアにスライドドアをもつ軽ミニバンである。そのため、ミドに搭載されるエンジンは横置きから縦置きに変わり、トランスミッションはエンジン前方に置かれる。なぜ横置きレイアウトのままターボ化しなかったかというと、NAモデルの3段ATを4段化すると、トランスミッションの横幅が広がって床下に収まらなくなるからである。

656cc水冷直3SOHC12バルブ・ユニットは、可変吸気システムを備え、64ps/6000rpmの最高出力と、9.5kgm/3700rpmの最大トルクを発生する。

ズン!と、「軽」らしからぬシッカリ感をもつドアを閉めてドライバーズシートに座る。黒にオレンジの斑点が入ったファブリックとカーボン調センターコンソールでおめかししているが、切りたったインパネと、やや寝たステアリングホイールが、ほのかに「軽バン」。フロント部にエンジンがないため、前席はグッと前に置かれ、振り返るとハッチゲイトまでが遠い。ためしに計ってみると、前席バックレストから170cm強もあった。荷室も、横120cm強、奥行き100cm強と、広い。

走りはじめると、リアサスペンションが、板バネを使ったリジット(ドディオン式!)ということもあり、路面が悪いとリア部が跳ね、また前後に揺れるピッチングが起きやすく、快適な乗り心地とは言いかねる。また、スロットルペダルを踏むたびに、ヒーンと過給された3シリンダー・ユニットが後ろで泣き声をあげるのも気になった。

しかし、それを補って余りあるのが、3.4mの全長、1.48mの全幅、それにほとんとオーバーハングのないフロント部ゆえの見切りの良さで、路地裏の狭い道を、4.6mの最小回転半径を活かし、ロック・トゥ・ロック=3+3/4の軽〜いステアリングホイールをクルクル回しながら走っていると、「コリャ、便利だわ」。

価格は149.8万円とやや高め。腰痛の持病をもたない、レジャー好きの商店主の方などにいいかもしれない。(NAVI編集部 アオキ)

 
 

関連キーワード:
バモスホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOX 2017.8.31 画像・写真 トールワゴンタイプではもちろん、軽自動車全体でも“ナンバーワン”の販売台数を誇るホンダの人気モデル「N-BOX」がフルモデルチェンジを受けた。一新された内外装やスーパーロングスライド機構付きの助手席など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • ホンダN-BOX【開発者インタビュー】 2017.9.29 試乗記 2017年夏にフルモデルチェンジした「ホンダN-BOX」は、外観は徹底したキープコンセプトとした一方で、エンジンやプラットフォームを刷新するなど、“見えないところ”で大きな進化を遂げている。その背景にはどんな思いが込められているのか? 開発責任者の白戸清成さんに話を伺った。
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • 谷口信輝の新車試乗――ホンダN-BOXカスタムG EXターボHonda SENSING(後編) 2017.11.9 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が歯に衣を着せず、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ホンダN-BOXカスタムG EXターボ」に試乗する。今の日本のクルマ生活の、ひとつの象徴ともいえるN-BOX。それがある生活は、谷口的にはアリかナシか?
ホームへ戻る