三菱、「ディンゴ」にエアロ仕様を追加

2000.03.01 自動車ニュース
 
 
000301_001.gif

三菱、「ディンゴ」にエアロ仕様を追加(3/1)

三菱自動車は「ミラージュディンゴ」に、エアロパーツを装着した新グレード「エアロ」を追加、2月28日より発売した。

「ミラージュディンゴ エアロ」は、新デザインのフロント/リア大型エアロバンパー、大型サイドエアダム、エアログリルなど、エアロパーツやルーフスポイラーを装着したモデル。ヘッドライトエクステンションを黒塗りとし、「個性的でスタイリッシュな外観」(広報資料)にしたという。

さらに、ローダウン・チューニンドサスペンション、195/55Rタイヤ、15インチアルミホイールも装備される。価格は、179.8万円となる。

三菱自動車は、自動車購入支援サイト、オートバイテルジャパンと提携し、ネットを通じた販売に乗り出します。ネット販売を独自の行うメーカーとそうでないメーカー。この違いは、自動車メーカーの「体力」を図る一種のバロメーターなのかもしれません。(WebCG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.25 試乗記 ターゲットは「フォード・フォーカス」? スズキから新しいコンパクトモデルの「バレーノ」が登場。新開発のBセグメントプラットフォームの実力やいかに? 1リッターの直噴ターボエンジンを搭載した上級グレード「XT」を借り出し、その走りを試した。
  • 顔立ち一新、三菱ミラージュがマイナーチェンジ 2015.12.18 自動車ニュース 三菱がコンパクトカー「ミラージュ」をマイナーチェンジし、2016年1月14日に発売する。改良の内容は転支援システム「e-Assist」の採用や内外装デザインの変更など、装備の強化と内外装の質感の向上が主となっている。価格は138万240円~148万5000円。
ホームへ戻る