ダイハツ、「オプティ」にクラシカルな新グレード追加

2000.03.03 自動車ニュース
000303_005.gif

ダイハツ、「オプティ」にクラシカルな新グレード追加(3/3)

ダイハツ工業は、「オプティ」に新グレード「オプティクラシック」を新設定、加えて「オプティビークス」を一部改良し、3月1日より発売した。

「オプティクラシック」は、内外装をクラシカルなイメージで仕上げたモデル。若い女性をターゲットとしているという。

外観では、専用のバンパー&グリル、ドアミラー等のメッキパーツ、フルホイールキャップ等を備えているのが特長。内装では、専用シート表皮&ドアトリム、ウッド調センタークラスター、ウッドステアリング、2DIN型CD・AM/FM付ステレオ&16cmフロントスピーカーが採用されている。価格は、「クラシックLセレクション」(2WD/5MT)の82.8万円から「クラシック」(4WD/3AT)の109.8万円まで。

「オプティビークス」においては、リアライセンスガーニッシュやリアコンビネーションランプ等を新意匠化。加えてグリルやドアミラー等をメッキ化し、14インチアルミホイールを採用。「スポーティ感を高めた」(広報資料)としている。

ダイハツ工業「オプティ」サイト:
http://www.daihatsu.co.jp/cata/opti/index.htm

低価格な軽自動車、若い女性向き......。4月を前にして、「フレッシュマン需要」が見込めると踏んでの新規モデル設定のようです。(WebCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。