ヤナセ、オペルのミニバン「ザフィーラ」を発表

2000.03.07 自動車ニュース
000307_011.gif

ヤナセ、オペルのミニバン「ザフィーラ」を発表(3/7)

ヤナセは「オペル・ザフィーラ」を3月4日に発表、同車の予約受け付けを全国のヤナセでスタートした。

「ザフィーラ」は、ヨーロッパでは昨年4月より発売されているアストラベースのミニバン。スポーティセダンを思わせる高い走行性能と「フレックス・セブン」と名付けられた独自の7人乗り3列シートの利便性が高く評価され、ドイツの有力日曜新聞において、1999年度の「ゴールデン・ステアリング・ホイール賞」を受賞している。

日本に導入されるのは、1.8リッター直4エンジン搭載の右ハンドル、4ATの「CDX」のみ。ABS、フルサイズエアバッグ、サイドエアバッグは標準装備となる。

「ザフィーラ」の価格は288万3000円。日本市場におけるミニバンの競合状況をふまえるとともに、ヨーロッパ価格とほぼ同額で提供するというオペルの「ボーダーレス価格」という理念のもと、十分に競争力を持った価格設定とした、とのこと。

排気量で比べれば3リッターV6を積んだトヨタ・エスティマは272.0万円、2.3リッター直4のホンダ・オデッセイは212.5万円ですから、割高感は否めないでしょう。しかし、「ザフィーラ」のミニバンとは思えないキビキビとしたハンドリング性能に感心した私としては、ミニバン購入の方への候補としてお薦めしたい1台です。(WebCG あらい)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。