F1豪GP、シューマッハが優勝

2000.03.13 自動車ニュース
000313_026.gif

F1豪GP、シューマッハが優勝(3/13)

3月12日、F1開幕戦オーストラリアGP決勝が行われ、フェラーリに乗るミハエル・シューマッハが同GP初優勝、通算36勝目を飾った。2位にはルーベンス・バリチェロが入り、フェラーリは1−2フィニッシュでシーズン好スタートを決めた。

3位にはBMWウィリアムズのラルフ・シューマッハ、4位にBARホンダのジャック・ビルヌーブが入り、「F1復帰エンジン」搭載車がのきなみ好成績を残した。以下5位はベネトン・プレイライフのジャンカルロ・フィジケラ。6位のザウバーペトロナスのミカ・サロはフロントウィング後端の長さが規定より20ミリ長かったことで失格、かわって7位のBARリカルド・ゾンタが繰り上げ入賞を果たした。

タイトル3連覇を目指すマクラーレン・メルセデスのミカ・ハッキネンは18周目にエンジントラブルでリタイア。チームメイトのデビッド・クルタードも11周目に同様のトラブルで戦線を離れた。

優勝最有力候補のマクラーレンがレース早々に去り、毎年シーズン序盤が良くないシューマッハ/フェラーリが勝ちました。開幕までに信頼性の獲得を目指していたマクラーレンにとっては、かなりショッキングなリタイア。今後マクラーレンがどう立て直しを図ってくるのか。第2戦ブラジルGPは3月26日に行われます。(WebCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。