「ステップワゴン」ベースのモバイル専用車

2000.03.16 自動車ニュース
 
 
000316_031.gif

「ステップワゴン」ベースのモバイル専用車(3/16)

自動車販売会社の(株)ホワイトハウスとネット企画を行う(株)ディズは、ホンダ「ステップワゴン」ベースのモバイル専用車「モバイル@ステップワゴン」を制作、3月20日よりネット販売を開始する。

「モバイル@ステップワゴン」は、ホンダのミニバン「ステップワゴン デラクシー2WD」をベースに、モバイル(移動体通信)に便利な装備を追加した車両。「移動オフィス、オトーサンの書斎として」(資料)利用できるとしている。特別装備として、バッテリー上がりの心配がいらないサブバッテリーとDC/ACインバーター、外部から電源供給を受ける外部電源コネクター、エンジンをかけなくても使えるFF室内ヒーター、大型マルチテーブル、室内照明、遮光性の高いカーテンなどを採用しているのが特徴。コンピューター機器は、ユーザーが持ち込むことを前提としているため未搭載だという。

価格はベース車より約50万円高で250.0万円。なお税金や登録等に伴う諸費用は含まれていない。

モーターデイズ「モバイル@ステップワゴン」サイト:
http://motor.days.co.jp/shopping/mobilestepwgn/index.html

「車内空間の演出」といえば、「携帯空間」でお馴染みのトヨタ・ファンカーゴ。様々なオプションアイテムを用意し色々な使い方を提案しています。これからは、メーカー自身がいかにクルマに対して付加価値を与えていくかがポイント。トヨタは一歩先を進んでいるといえます。(WebCG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ステップワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る