光岡、レトロ風の新型車「優雅」を発売

2000.03.17 自動車ニュース
000317_037.gif

光岡、レトロ風の新型車「優雅」を発売(3/17)

光岡自動車は、レトロ風に仕上げた新型車「優雅(ゆうが)」を、3月16日に発売した。

「優雅」は、日産「キューブ」をベースに、バンパー、ボンネット、スカートの形状を丸みを帯びたものに変更、メッキパーツを多用しレトロ調に仕立てたモデル。「ロンドンタクシーのような優雅さをイメージした」という。

最大のウリは、ユニークなオプションだ。センターグリル、グリルバッジ、フォグランプ、ボンネットモールの取り付けが選べる「メイクアップオプション」(3万円)をはじめ、ペールブルーメタリックやペールピンクメタリックなど6色が選べる「カラーオプション」(8万円)、富山にある光岡自動車の工場で納車を受けるという「納車オプション」(旅費等は実費!?)などが用意されている。

基本的な仕様はほぼ「キューブ」に準じる。サイズは、全長×全幅×全高=4110×1610mm×1625mmで、全長が360mm長くなるほかはベース車と同じ。エンジンも同様で、1.3リッター直4DOHCユニット(85ps/12.2kgm)が搭載される。駆動形式は、2WDと4WDの2種類だ。

価格は、「優雅デラックス」(2WD)の189.3万円から「同ロイヤル」(4WD)の222.6万円までとなる。

発表会の席上で光岡進社長は、「ほんとうはロンドンタクシーのような優雅な雰囲気のあるミニバンが作りたかったんですが、若い人に任せたら、丸く、カワイクなってしまった」と、やや口惜しそうな感じ。「今回はしぶしぶ聞いたが、光岡はこういうチャラチャラしたクルマばかりではないんです」と、正直な(?)胸のうちを語ってくれました。デザインを担当した渡辺清和さんからは、「社長とは、若手がまとまってかかってやり合いましたよ」とのお答え。社長と若手がやり合えるという、小さな自動車会社ならではのエピソードでした。(NAVI編集部 川端)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。