「プジョー406」がマイナーチェンジ、価格値下げで発売

2000.03.17 自動車ニュース
 
 
000317_038.gif

「プジョー406」がマイナーチェンジ、価格値下げで発売(3/17)

プジョー・ジャポンは、「406」シリーズの内外装を一新、この春より全国の正規販売店より発売する。

「新型プジョー406シリーズ」の販売は、まず2リッター・モデルが3月18日に行われる「プジョーNEW406デビューフェア」から。3リッターV6のクーペは4月1日、同セダン、ブレークは5月上旬に、それぞれブルーライオンネットワークより発売される。

今回の大きな変更点は、新型2リッターならびに改良された3リッターV6エンジンが搭載されること。また、車両価格の見直しも行われ、10万円から27万円、シリーズ平均で3.6%の価格引き下げが行われた。新価格は、「406セダン2.0」が295万円、同ブレークが313.5万円(ともに15万5000円値下げ)、本皮内装仕様の「406セダンV6」が409万円(10万円値下げ)、同ブレークが423万円(27万円値下げ)となる(406クーペは据え置き)。

2リッターエンジンは、「206 S16」に搭載されている4気筒16バルブ。最高出力、最大トルクとも従来型より高められるとともに、静粛性も向上させたという。また、3リッターV6エンジンは、新たに可変バルブタイミングシステムが採用され、最高出力は190psから206psに、最大トルクは26.7kgmから29.0kgmにパワーアップされた。組み合わされるトランスミッションは、「AL4」と呼ばれる学習機能付き4ATが従来のまま引き継がれる。

外観では顔つきを中心に個性を強調した手直しが行われ(クーペを除く)、インテリアではシートデザインをはじめ、ステアリングホイール、メーター、操作パネルなどのデザインおよびレイアウトが改良されている。

また、今回の変更からセダン、ブレークの2リッターモデルにはベロア生地仕様のシート、V6モデルはすべて本皮仕様のシートインテリアとなる。(写真は本国仕様)

新エンジン搭載によるパワーアップとともに、2リッターセダンは40kg、同ブレークは30kgも車両重量が軽くなりました。よりスポーティになり、価格も下がった「406」は非常に魅力的な中型FFサルーンだと思います。(Web CGあらい)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る