スズキ、「ジムニー」に2WD車を追加

2000.03.23 自動車ニュース
 
 
000323_048.gif

スズキ、「ジムニー」に2WD車を追加(3/23)

スズキは、軽自動車「ジムニー」に2WD車「L」を追加設定し、3月21日より発売した。街乗りを気軽に楽しみたい女性をターゲットとしている。

「ジムニーL」は、駆動方式を後輪駆動とし、「外観をファッショナブルにアレンジした」(広報資料)モデル。専用車体色(パールホワイト)、スモークドガラスの採用や、車体同色化したドアミラー、サイドアンダーミラー、ドアハンドル、前後バンパーなどが備わる。さらに快適性、利便性にも配慮。エアコン、AM/FMラジオ付カセットステレオ、パワーステアリング、パワーウインドー、パワードアロック、キーレスエントリー、抗菌インテリアが標準装備される。

価格は、5段MT車で114.3万円、4段AT車で124.1万円となる。

ライバルとなる三菱「パジェロミニ」、ダイハツ「テリオスキッド」が相次いで2WD車を設定。これにならったのが「ジムニーL」となります。パジェロミニは約2割、テリオスキッドは約4割が2WD車で占められているとか。2WD追加により販売力を強化したい意向がうかがえます。(WebCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
ジムニースズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニー ランドベンチャー(4WD/4AT)【試乗記】 2015.1.15 試乗記 今年でデビュー17年目を迎える現行型「スズキ・ジムニー」。自家用車としては異例ともいえるロングセラーモデルの「ご長寿の秘訣(ひけつ)」を探った。
  • 第452回:今だからこそ語りたい! 現行型「ジムニー」に宿る普遍の魅力 2017.10.21 エディターから一言 前回のモデルチェンジから20年を迎え、いよいよ新型の登場が現実味を帯びてきた「スズキ・ジムニー」。とはいえ、依然として今のモデルの魅力が色あせていないのも事実である。長年にわたり活躍してきた現行ジムニーに宿る、普遍の魅力について考えてみた。
  • スズキ・ジムニーXC(4AT)【試乗記】 2005.8.15 試乗記 スズキ・ジムニーXC(4AT)
    ……158万250円

    1970年に初代が誕生した「スズキ・ジムニー」は、軽自動車で本格派クロスカントリー4WDが楽しめることで、一躍人気を集めた。が、3代目となる現行モデルは、人気低迷ぎみ。その理由は……。


  • BMW X3 xDrive20d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.11.27 試乗記
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.11.28 試乗記