スズキ、「ジムニー」に2WD車を追加

2000.03.23 自動車ニュース
 
 
000323_048.gif

スズキ、「ジムニー」に2WD車を追加(3/23)

スズキは、軽自動車「ジムニー」に2WD車「L」を追加設定し、3月21日より発売した。街乗りを気軽に楽しみたい女性をターゲットとしている。

「ジムニーL」は、駆動方式を後輪駆動とし、「外観をファッショナブルにアレンジした」(広報資料)モデル。専用車体色(パールホワイト)、スモークドガラスの採用や、車体同色化したドアミラー、サイドアンダーミラー、ドアハンドル、前後バンパーなどが備わる。さらに快適性、利便性にも配慮。エアコン、AM/FMラジオ付カセットステレオ、パワーステアリング、パワーウインドー、パワードアロック、キーレスエントリー、抗菌インテリアが標準装備される。

価格は、5段MT車で114.3万円、4段AT車で124.1万円となる。

ライバルとなる三菱「パジェロミニ」、ダイハツ「テリオスキッド」が相次いで2WD車を設定。これにならったのが「ジムニーL」となります。パジェロミニは約2割、テリオスキッドは約4割が2WD車で占められているとか。2WD追加により販売力を強化したい意向がうかがえます。(WebCG 有吉)

 
 
関連記事
  • 「スズキ・ジムニー」シリーズに特別仕様車 2014.8.19 自動車ニュース 「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」に特別仕様車「ランドベンチャー」が登場した。
  • イタリア版「ジムニー」は日本ムード全開!? 2010.12.3 自動車ニュース スズキのイタリア法人スズキ・イタリアは2010年11月27日、「ジムニー」の誕生40周年を記念した特別仕様車を設定し、販売を開始した。2010年12月30日までの期間限定販売となる。
  • スズキ・ジムニーXC(4AT)【試乗記】 2005.8.15 試乗記 スズキ・ジムニーXC(4AT)
    ……158万250円

    1970年に初代が誕生した「スズキ・ジムニー」は、軽自動車で本格派クロスカントリー4WDが楽しめることで、一躍人気を集めた。が、3代目となる現行モデルは、人気低迷ぎみ。その理由は……。


  • スズキ・ジムニーXC(4AT)【ブリーフテスト】 2002.1.17 試乗記 総合評価……★★★
    ……148.5万円




  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る