スズキ、「ジムニー」に2WD車を追加

2000.03.23 自動車ニュース
 
 
000323_048.gif

スズキ、「ジムニー」に2WD車を追加(3/23)

スズキは、軽自動車「ジムニー」に2WD車「L」を追加設定し、3月21日より発売した。街乗りを気軽に楽しみたい女性をターゲットとしている。

「ジムニーL」は、駆動方式を後輪駆動とし、「外観をファッショナブルにアレンジした」(広報資料)モデル。専用車体色(パールホワイト)、スモークドガラスの採用や、車体同色化したドアミラー、サイドアンダーミラー、ドアハンドル、前後バンパーなどが備わる。さらに快適性、利便性にも配慮。エアコン、AM/FMラジオ付カセットステレオ、パワーステアリング、パワーウインドー、パワードアロック、キーレスエントリー、抗菌インテリアが標準装備される。

価格は、5段MT車で114.3万円、4段AT車で124.1万円となる。

ライバルとなる三菱「パジェロミニ」、ダイハツ「テリオスキッド」が相次いで2WD車を設定。これにならったのが「ジムニーL」となります。パジェロミニは約2割、テリオスキッドは約4割が2WD車で占められているとか。2WD追加により販売力を強化したい意向がうかがえます。(WebCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
ジムニースズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第452回:今だからこそ語りたい!
    現行型「ジムニー」に宿る普遍の魅力
    2017.10.21 エディターから一言 前回のモデルチェンジから20年を迎え、いよいよ新型の登場が現実味を帯びてきた「スズキ・ジムニー」。とはいえ、依然として今のモデルの魅力が色あせていないのも事実である。長年にわたり活躍してきた現行ジムニーに宿る、普遍の魅力について考えてみた。
  • スズキ・ジムニーXC(4AT)【試乗記】 2005.8.15 試乗記 スズキ・ジムニーXC(4AT)
    ……158万250円

    1970年に初代が誕生した「スズキ・ジムニー」は、軽自動車で本格派クロスカントリー4WDが楽しめることで、一躍人気を集めた。が、3代目となる現行モデルは、人気低迷ぎみ。その理由は……。


  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
  • フォルクスワーゲン、サウンドにこだわった3種の限定車を発売 2018.2.1 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年2月1日、「ゴルフ」「ゴルフヴァリアント」「ティグアン」に特別仕様車「ディナウディオエディション」をそれぞれ設定し、各300台の台数限定で発売した。
  • スズキ・クロスビー【開発者インタビュー】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」の開発にあたって重視したポイントとは? 姿のよく似た“弟分”「ハスラー」の開発にも携わった、チーフエンジニアの髙橋正志さんに話を伺った。
ホームへ戻る