BMW「チャイルド・セーフティ・トレーニング」を開催

2000.03.27 自動車ニュース
000327_058.gif

BMW「チャイルド・セーフティ・トレーニング」を開催(3/27)

BMWは4月1日に、港区北青山の「BMWスクエア」にて、「チャイルド・セーフティ・トレーニング」を開催する。

講習内容は、チャイルドシートの選び方と装着方法で、法制化の対象となる6歳未満の幼児を持つ親が対象となる。

チャイルドシート法制化に伴い、現在、日本のチャイルドシート市場はかつてない活況を呈しているものの、市販されているチャイルドシートの全てが事故の際に実際に有効とは限らないこと、また、誤った使用方法では事故の際に十分に効果が発揮されないが、現状では、装着ミス/装着不備が大半を占めているという。

このような状況を改善するため、BMWジャパンでは、法制化の4月1日、実車を用いたレクチャーを通じて、チャイルドシートの選び方と装着方法のポイントが参加者自身の目で確かめられる「チャイルド・セーフティ・トレーニング」を開催する。消費者の立場から、チャイルドシート購入及び使用の目安になる事柄を紹介するとのこと。

「BMWチャイルド・セーフティ・トレーニング」
日時 : 2000年4月1日(土)
時間 : 14:00-15:00
場所 : BMWスクエア 東京都港区北青山2-12-16 Tel: 03-5474-8921
参加方法:直接会場へ
問い合わせ先:BMWジャパン広報 Tel: 043-297-7075

チャイルドシートは、子供の年齢によって適合する機種が異なるだけでなく、取り付け方法も製品によってまちまちなので、着けてはみたものの果たしてこれでいいのかしら? と思っている人も多いはずです。良いものを正しく装着するために、小さなお子様のいる方は是非。(Web CGあらい)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。