CART開幕戦、中野信治は8位入賞

2000.03.27 自動車ニュース
000327_062.gif

CART開幕戦、中野信治は8位入賞(3/27)

3月26日、CARTシリーズ開幕戦が米フロリダ州ホームステッドのオーバルコースで開かれ、元F1ドライバーで同シリーズではルーキーとなる中野信治(レイナードホンダ)が8位入賞を果たした。黒沢琢弥(ローラ・フォード)はエンジントラブルのため11周でリタイアしている。

優勝はイタリア人マックス・パピス(レイナードホンダ)。自身にとって初優勝となる。2位にはロベルト・モレノ(レイナードフォード)、3位にポール・トレーシー(レイナードホンダ)が入った。昨年のチャンピオン、ファン・モントーヤ(ローラトヨタ)は23周目にエンジントラブルによりリタイアした。

中野にとって初戦、しかも経験の少ないオーバルコースで8位という成績は立派です。しかし、今年からチャンピオンチーム「チップガナッシレーシング」らにエンジンを供給するトヨタはちょっとお粗末。昨年破竹の勢いでタイトル奪取を決めたモントーヤ/ガナッシコンビをもってしても、エンジンが壊れてしまえば勝負になりません。先日資本参加を決めたヤマハからのノウハウが必要なのでは。(WebCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。