ホンダ「シビックCVCC」、20世紀の優秀技術車に

2000.03.28 自動車ニュース
 
 
000328_063.gif

ホンダ「シビックCVCC」、20世紀の優秀技術車に(3/28)

本田技研工業は24日、米国の排ガス規制「マスキー法75年規制」を世界で始めてクリアした「シビックCVCC」が、米国自動車技術者協会(SAE)の「20世紀優秀技術車」に選ばれたと発表した。

この賞は、SAEが20世紀の各年代毎に自動車技術の発展に貢献したモデルを選出したもの。「T型フォード」(1900年代)、「フォルクスワーゲンビートル」(1940年代)など、自動車史に残る車が選ばれている中で、シビックは1970年代の最優秀車という栄誉を獲得した。日本車としては唯一の受賞となる。

同車は1973年に発売。エンジン燃焼室内の混合気に故意にムラを発生させ、排気を浄化を図ったCVCC(Compound Vortex Controlled Combustion=複合渦流調速燃焼方式)を採用したモデルだった。

トヨタではなく日産でもなく、ホンダのシビックが受賞というのが興味深い。本田宗一郎の技術に対する情熱が伝わった、ということなのでしょうか。(WebCG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ホンダ・シビック【開発者インタビュー】 2017.6.2 試乗記 「シビック」が日本に帰ってくる。ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えた新型は、「タイプR」をフラッグシップとし「ハッチバック」にMT車を設定するなど、スポーティーさをウリにしている。“復活”に賭ける開発者たちの意気込みを聞いた。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • 「トヨタ・ハリアー」マイナーチェンジ 2リッターターボ搭載車も設定 2017.6.8 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年6月8日、マイナーチェンジを施した「トヨタ・ハリアー」を発表。新たに2リッター直4ターボエンジン搭載車をラインナップし、同日、販売を開始した。
ホームへ戻る