ホンダ「シビックCVCC」、20世紀の優秀技術車に

2000.03.28 自動車ニュース
 
 
000328_063.gif

ホンダ「シビックCVCC」、20世紀の優秀技術車に(3/28)

本田技研工業は24日、米国の排ガス規制「マスキー法75年規制」を世界で始めてクリアした「シビックCVCC」が、米国自動車技術者協会(SAE)の「20世紀優秀技術車」に選ばれたと発表した。

この賞は、SAEが20世紀の各年代毎に自動車技術の発展に貢献したモデルを選出したもの。「T型フォード」(1900年代)、「フォルクスワーゲンビートル」(1940年代)など、自動車史に残る車が選ばれている中で、シビックは1970年代の最優秀車という栄誉を獲得した。日本車としては唯一の受賞となる。

同車は1973年に発売。エンジン燃焼室内の混合気に故意にムラを発生させ、排気を浄化を図ったCVCC(Compound Vortex Controlled Combustion=複合渦流調速燃焼方式)を採用したモデルだった。

トヨタではなく日産でもなく、ホンダのシビックが受賞というのが興味深い。本田宗一郎の技術に対する情熱が伝わった、ということなのでしょうか。(WebCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
シビックホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
ホームへ戻る