ダイハツ、新型セダン「アルティス」を発売

2000.04.03 自動車ニュース
 
 
000403_004.gif

ダイハツ、新型セダン「アルティス」を発売(4/3)

ダイハツ工業は、新型セダン「アルティス」を3月30日より発売した。

「アルティス」は、4月に生産中止されるフラッグシップカー「アプローズ」を継ぐかたちで設定された上級セダン。トヨタ自動車「カムリ」のOEMモデルだ。名前は、英語のaltitude(高度)の造語で、「高い地位」を表しているという。

カムリ同様、余裕あるボディサイズが特徴的。快適さと高級感をウリとしている。エンジンは2.2リッター直4で140ps・19.5kgm。駆動方式は前輪駆動と四輪駆動、トランスミッションは電子制御4段オートマチックのみの設定となる。

機能面では、トランクオープナー付キーレスエントリー、エクステンションプレート付サンバイザー、カップホルダーなどが標準装備。加えて全面UVカットガラス、クリーンエアフィルターなども備わる。

さらに安全面でも、ブレーキアシスト付ABS、プリテンショナー&フォースリミッター付シートベルト、デュアルSRSエアバッグなど標準装備。車体は衝撃安全ボディ「TAF」だ。

価格は「2.2 SLパッケージ」の209.0万円から「2.2 Four SXパッケージ」の263.0万円まで。

「カムリ2.2」が226.3万円ですから、「アルティス」は若干割安。しかし国内月販目標が100台という設定に、ラインアップの補欠的モデルである性(さが)を感じます。(WebCG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
ホームへ戻る